金沢出張報告
a0019545_21302380.jpg


 
 次長・・・少し、手に乗っかられている間に失礼かと思いましたが・・
 尾羽根を広げてみました・・・。

 おおっ・・九尾の狐のような・・見事な尾羽根でございますっ!
 (↑例えが旧式ザク)

 あっ・・そそ・・部長と次長をほったらかして・行っていた、金沢出張の報告ですねっ。

 はい・・・多分・・美味しいものをいっぱい食べてきました。

 ↓これ・・いまだ、積雪が凄い(場所によっては平気で1mは積雪してます。)富山県の
 立山連峰の写真です。

 
a0019545_213723.jpg


  晴れた日はとても綺麗な景色になるそうです。

  本日、取引先と喋っていて・・

  「木枯しさん、金沢ですか~?また、美味しいものをいっぱい食べてきたんでしょ?」

  「いっぱい食べたけど・・このところ、四六時中、美味しいものを食べているから
  だんだん、美味しいものを食べる時に感動がなくなってきた・・・」

  「ああ・・その・・気持ちわかりますよ~。って、言うわけ無いでしょ。
                   あの・・・今度、一回、絞めてもいいですか?」

  などと・・・話しておりました。いひひっ。

  



 
 金沢は小京都とも呼ばれます。それは、関西系の料理の流れを汲みつつも
 華があったり、奥行きのある独自の料理文化を生み出した場所であり、
 京都のそれと似たところがあるからなのです。
  
 金沢には料亭も多く存在し、その料理の技は、確かに一芸あるのです。
 (↑木枯しは偉い人間では無いのですが・・得意先に招かれていきますた)

 さて、今回は、金沢ではすっかり行きつけ?になってしまった居酒屋さんなのです。
 少々・・高いのですが・・確かに美味しいものを出してくれるのです。
 
 前菜はコレ↓

 
a0019545_21561756.jpg


  タラの塩焼きです。見事なタラなのです。旬の大振りなタラなら、下手な高級魚よりも
  全然、美味しいのですっ。

 
a0019545_2245915.jpg


  次が造りの盛り合わせなのです。金沢の変わったところは
  カジキマグロを珍重するので日本で一番品質の良いカジキマグロが、ここに集まる
  のです・・。サヨリ、中トロ、サバ、他などが盛り込まれております。

  注目するのは、ココ↓
a0019545_22111365.jpg

 
 タイの刺身だったと思うのですが・・これに生タラコの素焼きをばらして、まぶしてあります。
 これ・・金沢では、よく見るそうなのですが・・他の地方では、木枯し、見たことがありません。
 金沢、独特のものなのかもしれません。

 
a0019545_22142168.jpg


 これは、金沢では、よく目にする牛スジの煮込みです。大阪人には、珍しくない代物ですが
 全般的に大阪のそれより、手間をかけ上等な料理にされています。

 
a0019545_2217015.jpg


 ↑これ・・・名称を三所ぜめ鍋(みどころぜめなべ)というのです。
 
  どうも・・相撲の技からきているらしいのですが・・詳しい名称の経緯を聞くのを
  酔っ払って忘れてしまいました。

  ちゃんこ鍋をベースにコチジャンを入れて辛くした鍋なのです。

  
a0019545_22211848.jpg


  この名称はどこの地方でも使われているものなのか・・金沢独特のものなのか・・
  このお店独特のものなのかは・・不明なのですが・・・。

  このあと、木枯しは・・取引先と共に金沢の片町、梯子酒ツアーに旅だっていきました。
  (翌日、丸一日、強度の二日酔いだったことは内緒ですっ)
 
by simarisu10 | 2006-02-16 22:25 | 平社員営業フロア
<< お水の道 バレンタインデーkiss >>