部長~~エビカレーなのですっ
a0019545_20343257.jpg


  
  ジュン部長・・・貫禄のある「お餅」になっております・・・。

  
  あの・・・部長・・・美味しそうなヒヨコ饅頭タイプの大福餅に見えてしまうのですが・・。

 
  あっ・・そそ・・部長・・赤海老エイト社のエージェントからレトルト「海老カレー」が
  送られてきました。

  うひひひっ、早速、食べてみませうっ!あっ・・エージェント様には・・
  今度、会った時に部長達の好物のカナリアシードの2粒、3粒でも握らせて
  おきますので・・・。

  必ずやきっと喜んで食べてくれるにちがいありませんっ!

       



  
a0019545_20472940.jpg


 
   木枯らしもネットで随分調べたつもりなのですが・・・常温で保存している
   レトルトの海老カレーは、なかったのです。

   失敗作らしい、海老入りシーフードカレーは、見つけたのですが・・。

   今回、エージェントが展示会で見つけてきたと言う「海老キノコカレー」。
   これは、常温でのレトルトの海老カレーとしては、初めて木枯らしの
   アンテナにひかかってきたものですね。

   製造元は ハッピー亭 という 大塚 愛さまの歌っていた「ハッピーディ」の歌を
   意識したのではないかと邪推させるような名前なのですが・・多分、ハッピー亭さんの
   方が・・ネーミングは先なのでしょう。

   ここのHPを見ると・・なるほろ・・海老カレーがちゃんと載っています。

   では、早速、いただきませうっ!

  
a0019545_20554952.jpg


  はい・・わかりやすいように 海老を一匹、わかりやすいところに乗せておきました。
 
  一応、エージェントが海老の種類やサイズまで聞いてきてくれたのですが・・・
  これは・・公開しませんです・・。(企業秘密かもしれませんですし・・)

  カレールゥーは・・なかなか、しっかりしたものです。すでに大量のレトルトカレーを
  食べて、舌が少しは磨かれてきたので・・この辺は分かってきました。
 
  しかし・・海老には・・たしかに工夫の跡がありながらも木枯らしの目指すものとは
  違います。

  カレーは弱酸性なので、長期保存を前提とするレトルトカレーでは、海老は水分を
  吸われ・・繊維に沿ってバラバラに崩れてきます。

  やはり。この海老カレーも そうなのですが・・。意外にルゥの中での劣化に耐えている
  方であります。

  しかし・・舌で軽々と分解出来るほどになっており・・海老からは海老の味は感じられ
  ません。

  レトルト海老カレーの作り方は、理論の上では完成している木枯らしなのですが・・・
  その方法を実現できる決定的な物質が見つからないのです・・・。

  この壁が乗り越えられれば・・・海老の味を生かした目指す海老カレーが完成するはず
  なのですが・・・。

  う~ん、まだまだ・・・海老カレーへの道は続くのです・・。

  
  ☆ 明日は、出張の為、更新をお休みいたしますね~
by simarisu10 | 2006-02-13 21:06 | いつかはエビカレー
<< バレンタインデーkiss ブラジル海老~ >>