南蛮状況
a0019545_163630.jpg

南蛮(ロシア甘海老)の状況が悪いです。西カム、マガダンでの漁獲が悪い上、春の順調な消化で国内在庫も減っております。

例年とうりゴールデンウィーク明けの出荷が低調な為、表立った動きはありませんが
来月あたりには深刻に欠品する状況になるかもしれませんね・・。

特に2L、3Lの状況が深刻です。西カムで作られた製品は結構尾数が小さく作られているため評判が悪いわりには、ややの高値成約。国内相場に影響するものと思われます。

卵の状態も外子から卵なし、内子に変わっていってます。次のまともな搬入は8月頃と
ふんでいますが、一部の大型船は操業の再開が遅れる見とうし。ロシアの有力船3隻の品物は9月搬入と目されています。

このため、秋口まで品不足の様相をみせ、赤海老業界、危機の状況をむかえています。

途端に見直されているのが北欧ものですが・・こちらの方は例年より価格が下がっているものの、品物も数多くなく(大型)、ロシアの代用品にすぐにはシフトしないであろうことが懸念されてます。

写真はガロス船「粋な味」です。何気なく買った品物なので・・・・うーん、間宮ものだと思うのですが・・・型が大きく(3L)、色目も良し。まずまずの品物です。
by simarisu10 | 2004-05-22 16:37 | 平社員営業フロア
<< ロイヤルグリーンランド 海老ピラフ~ここまでやるか編~ >>