せんとう・・・
a0019545_20512072.jpg



  あっ・・・部長・・可愛いですよ~。
 
  管理職専用毛布の上でくつろぐ管理職様達であります。

  しばらくして・・・平社員の肩の上でネル次長が・・・身体を震わしはじめました。

  微妙に飛び散る水滴・・。

  あっ・・お風呂上がりのネル次長だったのですね・・。

  そうですね~。平社員も今日は銭湯にでもいきましょうか・・・。



  木枯らし平社員は、学生時代、銭湯にひとかたならぬお世話になっております。

  木枯らしは水産学部であったのですが・・・・何故か水産学部の面々は銭湯が
  大好きらしく・・・同級生同志で暴走族よろしく、中型バイクの後ろにそれぞれ洗面器を
  くくりつけ・・ドッドッドッと何台ものバイクを連ねて銭湯に行くのです。
  (↑これぞ・・田舎の地方大学らしい話)

  ある時・・友人の一人が昨夜の話として

  いや・・・バスタオル忘れちゃったから、番台のおばさんに貸しバスタオル貸して~
  と言ったんだよ・・・。
   
  フムフム・・で?

  そしたら、おばさんに

  「男は、石鹸一個、手拭い一本で銭湯にくるもんだ」と叱られて・・バスタオル貸してくれ
  なかったんだよな~。

  おっ・・・これ、格好よくないか・・・。

  木枯らしの脳裏には、肩に手拭いをかけて、石鹸箱を手に持ち下駄をはいて夕焼けの
  中、銭湯に向かう男の絵が浮かんでいました。

  この事以来、木枯らしは、洗面器に石鹸箱と手拭いだけを放り込んで
  銭湯に行く事にしています。(→感化されやすい,相当イタイ奴なのです)

  木枯らし風に言うと・・・洗面器も格好いいのです。

  さてさて、いよいよ銭湯に出発です。

  今年は初めての銭湯です。居酒屋の前で「部長、ごちそうさまでした~」と叫ぶ
  サラリーマン達の横を通ると視線を浴びてしまいます。

  確かに・・今時、洗面器を抱えて銭湯に行くのは時代遅れだろうな・・と思いながら・・
  少し優越感。

  さて、歩いて数分の銭湯に行くと番台で390円を払い、風呂に入るのですが・・・
  木枯らし・・・暑いのが・・大嫌いなのです。

  銭湯の暑い風呂にヒーヒー。暑いサウナに入り・・ヒーヒー。
 
  サウナで砂時計をひっくり返し・・凄ざまじい汗を流し・・・ひたすら耐えます。
  サウナからあがると水風呂に入り、今度は風呂でひたすら我慢。

  うううっ・・・今日は・・一人しか入れない、好きな電気風呂は、他の客に占領されています。

  家の近くのこの銭湯・・・・金魚の水槽も置いていないし、タイルで描かれた富士山の絵も
  ないので・・殺風景なのが・・大不満。

  すざまじい汗をひたすら流し・・(←凄い、汗かき・・) すっかりのぼせ上がって
  銭湯を出ます。

  冬の風に吹かれても・・なおかつ・・すざまじい汗・・額をつたい・・目に侵入してきます・・。

  おおおっ・・・なんか、快感だ・・・。

  冬なのに暑くて、暑くてたまりません・・・・。

  銭湯からあがった後は・・コーヒー牛乳もポカリも飲みません。もちろん・・銭湯に行く前
  には、ワインを2杯飲んだだけ・・・。

  そう!お目当ては・・・すでに冷凍庫でキンキンに冷えているビールなのです!

  部屋に帰って、汗だらけの身体から衣服を脱ぎ捨てます!

  ビールーヲっ!!!!!

  冷蔵庫から・・・冷えたビールを取り出し・・・ぐっと・・・一気に・・・

  甘い~!!!!

あ~っ・・・やっぱり・・冬も夏も銭湯はこたえられないのですっ・・。
by simarisu10 | 2006-01-31 21:39 | 平社員休憩室
<< 見上げる空はチリまで続く・・(前編) 粒アンコー >>