中国庶民派


  
a0019545_2041975.jpg



  う~んっ(嬉) 部長、次長・・久しぶりにゆっくり休みがとれましたね~。

  部長と次長とたくさん遊んでしまいました。

  部長も次長も上機嫌なのです。

  そそ・・部長・・・久しぶりに 大笑いしてしまったサイトがありますので
  貼り付けておきます。

  わたしが定時巡回している まったりらいふ で発見しちゃいました・。

  えっと・・・こちらなのです・・。


  音声付きなのですっ。


  さてさて・・・本日は 「中国庶民派の料理」の画像のオンパレードです。
  



  中国で本当の庶民派料理というと・・と~~っても安いのですが・・・
  ちょっと・・・お店が・・・凄くって・・木枯らしでもしり込みしてしまいます・・。

  コンクリートの打ちっぱなしに 安物のテーブルとイスが置いてあるだけ・・。
  ひどいところになると・・・ほとんど・・屋外料理店・・道の上で机を置いて料理を
  作っています・・・まっ・・それはそれで・・興味津々なのですが・・。

  ホテルの美食に飽きた木枯らしは・・街中に出かけ、ある程度、ちゃんとした
  お店で料理を食べてきました・・。(やっぱり、こうでなくっちゃ!)
  
  
a0019545_2051577.jpg


  うーん、野菜炒めのようなもの・・美味しいのです・・ビックリするくらい・・。
  たしか4元(56円)だったと思います。ビールは、大瓶が5元(70円)です。

  
a0019545_20532555.jpg


  これも同じ、お店で上の野菜炒めと一緒に食べたのですが・・これも・・ビックリの
  美味しさ。これも4元だったと思います。これらの料理をアテにビールの大瓶を
  どれだけグビグビやっても・・・・料金は知れています。ホテルの料理に比べると
  爆安なのです。

  
a0019545_20552749.jpg


  ↑これは、火鍋と言われる物で・・・要するに・・鍋です(笑)
 
   種類は、店により様々なものが用意されています。こちらは8元から12元くらいまで。
 
   火を通す前の状態で陳列されていますが、注文をすると・・ゴォ~ッと音をたてる
   コンロで短時間で温めて出してくれます。
  
   意外に汁が少なく、下には春雨がいっぱい入っていて、春雨に汁がしみこんで
   おりました・・。日本の鍋の感覚とは少し違います。ソコソコに美味しいのです。


  
a0019545_20594935.jpg


  これは、中国の工場での昼食。男性の正社員?クラスの為に朝から賄いさんが
  一生懸命、作っていました。見た目がパッとしませんが・・・なかなか贅沢な
  昼ごはんなのですよ・・。ワタリカニの炒めものやタチウオのにこごり、アンコウの
  胃袋の炒めもの・・他・・いっぱい。

  ソバやカレーで昼食を済ましている日本人と比べると・・こちらの方が健康的
  で美味しいのです。

   日本に帰ってくると・・・お昼時には・あの中国の工場の昼飯がたべたいなぁ・・。
   なんて思っちゃいます。

   日本の中華料理のような物は、舟山ではとうとう、一度も見かけませんでした・・。

  
a0019545_2125720.jpg


   これは、工場の昼食にでてきた・・中華風?フライドエッグなのです・・。

   見た目ほど・・ギトギトしていませんが・・・・。なんとも・・不思議な味でありました。


  
a0019545_2142665.jpg



  ↑  あの・・・あのですね・・・これ・・アンコウの肝なのです。しかも、かなりの大きさです。
  日本で食べたら・・原材料費だけで数千円は・・するのではないでしょうか・。
 
  これを・・中華調味料で煮るのですが・・・鯛の子の煮つけを食べているような感じ
  でした・・・。

  この舟山では、アンコウが大量に漁獲され(一日100トン)・・安い魚なのです。

  でも・・・やっぱり・・アンコウの肝は・・・日本風に食べたかった・・・。

 
  明日、月曜日は飲みの為、更新をお休みしますね~。
by simarisu10 | 2006-01-22 21:08 | 平社員営業フロア
<< 文鳥シリーズ ボタン海老 酒と煙草と友情と・・・(最終話) >>