酒と煙草と友情と・・・(最終話)
a0019545_2193861.jpg



  
 次長・・・・寝過ぎなのですっ・・。

 平社員がキーボードを叩いていると・・・ゴソゴソ手の中に・・強引に頭を入れ
 潜り込んでくるのです・・・。

 挙げ句の果て・・・撫でろ~~~と平社員をつつきはじめます。
 はい・・・喜んで撫でさせていただきます・・(涙)
  
 あの・・・全然・・ブログの更新がすすまないのですが・・・・。

 あっ?・・・はっ!、そうでした・・次長様へのご奉仕が優先するのでしたね・・・(はぁ・・)

 どうも・・・一週間ばかり、中国に行っただけで・・・寂しがりやさんが増えてしまいました・・。







 ここまでのあらすじ・・・・

 初めて中国の舟山地方を訪問した木枯らしは、現地の取引先の前で
 パイチュウ(白酒)の事を口走ったがために・・いきなりパイチュウの洗礼を
 受けることになる・・・。
 
 パイチュウを飲まされた多くの日本人の例に漏れず・・嘔吐を始める木枯らしであった・・。


 
a0019545_21211175.jpg


  ↑中国でも人気があり、料理の中でも高価な白蝦(パイシャー)の蒸し物。
   黒酢につけて食べる。小エビながら大型の海老より高価。

  ホテルの部屋でパイチュウの臭いに苦しめられたのだが・・・1時間もすると
  回復しはじめた・・・というより・・凄い勢いで酒が抜けはじめた・・。

  パイチュウは酔いも早いが・・・酔いが覚めるのも早い、タチの良い酒なのである。

  その夜、パイチュウを飲む日本人として認められた私は、その夜もパイチュウの
  嵐に会うのだが・・・・。

  昼間のパイチュウで免疫が出来たのか・・・・まったくパイチュウの臭いが気にならなく
  なっていた。パイチュウの臭いさえ克服できれば、パイチュウは、旨くて上質な酒である。
  勧められても勧められても、すでに木枯らし平社員は、パイチュウに対して平気な
  どころでは無く、現地の中国人達からも・・・この日本人は、酒に強いとささやかれ
  あっていたようである・・。

  詳しくは・・・こちら・・・

  白酒(パイチュウ)の果てに・・(前編)


  白酒(パイチュウ)のはてに・・(後編)

  こうして、酒の席では全員とパイチュウを飲み交わしていくと、その瞬間からは飲み交わした
  人間とは顔見知りになってしまい・・・・

  さらには、その人から・・煙草を放り投げられると・・・もう、すっかり仲間と認められる
  ようなのです。

  その煙草は・・・普通の煙草ではなく、中国でも高級な煙草、接待煙草とも
  お金持ち用の煙草とされる高級タバコなのである。↓

  
a0019545_21422041.jpg


  中国の中層階級(収入があるという意味。身分制度ではない)の人が吸う煙草が
  5元~10元(70~140円)とすると・・・その煙草は20元くらいします。
  もっとも銘柄によっては30元になることもあります。

  この高級煙草が大型の円卓の向こうから弧を描いて、ポンポン飛んでくるのだから・・
  これは・・嬉しい。また、この煙草は、例外なく日本の煙草より美味しいときているのだから
  たまらない。

  酒飲みとヘビースモーカーであって良かったと思う一時である。

  こうして、パイチュウと煙草・・・そして、中国風の難しいジャンケンポン様の遊戯により
  酒宴は、笑いに包まれ、盛り上がっていく・・言葉なんて分からなくとも、お酒の一気、
  や煙草、中国流の遊戯で十分楽しいのである。

  こうして、いつのまにか周りの人間とすっかり、仲良くなっている。

  中国に行ったのは・・まだ3回目なのであるが・・友達、顔見知りがいっぱい増えて
  しまったのである・・。
 
  今回、中国に出張に行って、夜、現地会社の社長連の飲み会にいても・・・私は
  すでに違和感なく溶け込んでいる・・・。

  言葉も通じないのに・・・なんか・・不思議な光景である・・。

  みーんな、私が以前から中国にいたような感じで自然に飲み会は進んでいく・・。

  きっと・・身内と認められてしまったのだろうか・・(そこまでは考えすぎか・・)

  今、私は中国の取引先に 相当な金額の損をさせているのだが・・・彼等は
  私に対し、苦言は言ってこない・・・。彼等に苦労の多い仕事を押しつけ、損までさせて
  いるのだから・・私の事が嫌いになってくれてもいいはずなのだが・・。
  相変わらず、私を笑顔で酒宴に誘い出してくれるどころか・・・待ち構えているような
  節さえあるかもしれない(笑)

  現地法人の社長が中国を最初に訪れた時に私に言った言葉が思い出される。

  「木枯らしさん・・中国の商売では人間関係に非常に重きが置かれます。
   人間関係がしっかりしていれば、中国では、身内と認めた人間に対して
   意外なまでに助けの手などを差し伸べるものです・・。」

  まだまだ・・日本人も中国人も お互いの良い所が理解できてない事が
  多いのかもしれない・・・。

                    酒と煙草と友情と・・・・完
by simarisu10 | 2006-01-21 22:03 | 平社員営業フロア
<< 中国庶民派 酒と煙草と友情と・・・(第2話) >>