ニチレイピラフ再び
a0019545_8122.jpg
今回のターゲットはニチレイの「洋食屋さんのピラフ」です。ごちそうピラフのスタンダード版かと思いきや、単価は一緒で、単なるピラフのバージョン違いでした。

中にはいっている海老は12匹。サイズは特定できません・・。大小がひどくミックスです。(実際にはちがうのでしょうが・・)61/70と200/300が混在しています。しかも
「ごちそう海老ピラフ」より海老は悪いですね・・・。多分バナメイ種を使っているようなのですが・・・。色目が薄く特定できないものが・・。種類が混在しているはずがないので、はっきり模様が出たものからバナメイと推定しています。

ピラフそのものの味付けはいいですねっ。ロブスターの焚き出し汁?を使っているだけあります。

さて、昨日の味の素のピラフは原料に対する海老混入率は5.1%。ニチレイ社は5.4%。今回の洋食ピラフは内容量500g。(ごちそうピラフは450g)つまり、味の素社とニチレイ社ならちょっとだけニチレイ社の方が海老混入が高いわけです。あまり変わらないけど・・・。でもえびの混入率をわざわざ表示してあるところが少し変。法律か業界の規制で「海老ピラフ」と名づけるものは海老の構成率が5%以上あることとこの基準があるのかもしれません・・・。

残る海老ピラフは・・・カトキチさんのかな・・・ふぅ・・。
by simarisu10 | 2004-05-20 08:02 | 海老の倉庫
<< 海老ピラフ~ここまでやるか編~ そういえば・・・ >>