シュリンプレポート
a0019545_235343.jpg
最近、シュリンプレポートで某大手水産会社のカナダスポットえびの建値が発表になってから木枯らしへの問い合わせも急増しています。

はっきり言って発表?になった価格は安いです。しかし、自社の品物をどれだけの値段で売ろうがそれは荷主の勝手なので・・・。
木枯らしは歓迎の意向です。

さて、アルゼンチンの余剰在庫は順調に消化が進んでいる模様。新物も思ったほどでもないにせよ、微妙な安値で成約され、早いもので6月初旬には日本に着く模様。

しかし、相変わらず、アルゼンチンへのマーケットの反応は低く、新物が入ってきてからの新しい展開に期待がかかるも、現況だけを見ている限りでは、若干の安値ながらも向かい風の様相。

南蛮(ロシアあまえび)もマガダン、西カム共に漁が悪い。すでに引き揚げている船も複数隻いる。間宮の終わりの方の品物は内子が結構混ざるものもある。これから、南蛮も正念場にさしかかる。

ゴールデンウィークを終え、各社、荷動きは低調。これから梅雨にかけて赤海老屋は
明日を苦しむ日々に突入する。
by simarisu10 | 2004-05-17 23:54 | 平社員営業フロア
<< ニチレイ エビピラフ うーん >>