スモークサーモン♪


 
a0019545_20582245.jpg


  
  次長・・・それほど、安らかに平社員の手の中でお休みになられると・・・
  平社員の私も・・・眠くなってくるではないですか・・・・。

  放っておくと1時間でも お休みになられます・・・。

  ジュン部長は・・・強制的に手の中に押し込んでも・・嫌がって逃げてしまいます。

  ジュン部長のきめこまやかな羽毛の感触が大好きな平社員なのですが・・・。
  (次長は・・・少し、キメが粗い・・・)

  さてさて・・今日は先日、カナダの水産会社の社長からもらったスモークサーモンを
  食べてみました・・。




  
a0019545_21105815.jpg



  これ・・・ほんの・・ほんの一部なのです。すでにスライスされているのですが・・
  一切れ、一切れが肉厚です。

  パッケージから取り出した時・・・スゴーイ、スモークチップの匂いが・・・。
  取り出した時点で部屋中が、その香りで包まれました・・(凄い威力・・)

  うまく盛りつけができないので、富山のマス寿司をイメージした盛りつけをして
  みました。(手抜き・・・でし・・)

  とにかく、香りが凄い・・・。

  さて・・・早速、いただきませう!

  おや・・・・なんだ・・・・これは・・????

  想像していた味では ないのです。風味はビーフジャーキー。脂はなく、パサパサ。
  写真から見ても分かるとうり、どちらかというと表面は乾いているのです。
  
  味には、苦みと酸味も混じっている・・・。

  しばらく・・・・待ってみました・・・。

  そうか・・「これが、本物の味なのだ・・」 気付くのにしばらくかかりました。
  日本の有名メーカーの製品と違い、化学調味料などでの味付けをしていないのです。

  舌が馴れてしまうと・・もう、止まりません。一口目では苦みと感じたものが、口の中では
  スモークチップの風味に変わり、むしろ苦みが食欲を増進させます。
 
  パサパサと感じた物は、まるで焼き鮭のそれを連想させる感じ。サンドウィッチにすると
  その実力を発揮しそうな風合いなのです。馴れると、まるで洗い晒しのジーンズの
  ようなワイルドで正統派な感じなのです。

  水に晒した、タマネギとイタリアンドレッシングを添えてみました・・。

  このスモークサーモンの前では・・・タマネギが極上に甘い~~~。

  スモークサーモンが辛口の風味なだけに、タマネギが素晴らしく甘いのです。

  スモークサーモンに添えてあるタマネギは・・・日本で言う寿司の生姜みたいな役目を
  するためにそえてあるのですね。

  総合的な評価は・・鮭で作った 生ハム・・またはローストビーフのようなスモークサーモン
  でした。  日本で売っているスモークサーモンとは・・明らかに別物でした・・。
  一口目は美味しいと言えなくとも・・2口、3口目から美味しさが加速します。

  う~~っ、腹一杯・・食べた・・・。でも、全体の1/5も食べてないし・・。

  この際、贅沢に残りのスモークサーモンは・・加熱して調理してみましょう・・。

  あ~っ、さっきから息がスモークチップの匂いがする~。誰かにおすそ分けしたい~。
by simarisu10 | 2005-12-03 21:32 | 平社員営業フロア
<< 爆裂シュリンプ (激辛タイプ~) カナダ赤海老 >>