海老のブランド
a0019545_0205591.jpg


  ↑  これ、「コマチ」というブランドの赤海老(あまえび)です。


  赤海老は、大体、50%の確率で船名がブランド名になるのですが・・・
 
  中には輸入社の担当者が命名するものもあります。

  この「コマチ」は、担当者が金沢の「コマチ」という飲み屋で飲んだ時に
  ブランドの話しがでたので・・・その時の飲み屋の名前をとって「コマチ」に
  したのです・・。

  海老のブランド命名に際して、この手の話は決して珍しいことではありません。

  この「コマチ」を命名した担当者は他にも・・飲み屋さんの名前のブランドを・・。

  一昔前「スーパースター」という海老のブランドがありました・

  これは当時流行ったパチンコ台の名前だったりします。その海老の担当者が、その
  パチンコ台が大好きだったことに由来します(笑)

  また、私の会社で赤海老のブランドを作ったことがありますが・・・「北の王様」でした。
  
  これは私の勤める会社の創業者の北野氏が「海老の王様」であるということより・・・・
  「北の王様」なのです。

  この赤海老を作った船は、今や他社が商品の占有権を持っているのですが・・
  いまだに「北の王様」というブランドで販売されています(笑)

  ブランド名の由来が由来だから、名前を変えて売ってくれ~と言っているのですが(笑)
  

  まっ、どうでもいいことなのですが・・・。

  もっとも、今度、文鳥印のボタン海老を製品化しようとしている、木枯らしも
  飲み屋さんの名前をブランド名にしてしまう担当者やパチンコ台の名前を
  ブランド名にしてしまう担当者と同じレベルですし・・(爆)

  でも、部長、次長、海老業界で最も有名な文鳥として君臨するため、平社員、頑張ります!
by simarisu10 | 2005-10-28 00:39 | 海老の倉庫
<< なんとなく・・そんな気もしてい... それいけ!チ~ズっ! >>