でっかい海老

  
a0019545_2313157.jpg


  部長、次長・・・秋はいいですねぇ~。窓を開けて夜風を入れるとなんともいい感じです。

  一年中こうだといいのですが・・・。

  あれ?部長・・次長・・・いつのまにか・・・寝入ってらっしゃいます。

  そそ、画面に映っているのは「俵太」どのです。

  平社員は、このブログのファンなのです。もともとはシマリスが大好きな人間なので
  リス様は目がないのです。
  
  できれば・・映画スターウォーズで「シスの復讐」ならぬ「リスの復習」を作って貰いたいと
  思っているくらいなのです・・・???(意味不明)

  さて、今回は・・・「でっかい海老」なのです。

   

  
a0019545_2373166.jpg


 
  クイズダービー風に  「さらにバイッ(倍)、ドンッ!」   (古いっ!)

  
a0019545_2392345.jpg


  




  これ、シータイガーと呼ばれるウシエビなのです。普段、お世話になっている
  ボウズコンニャク様の「市場魚類図鑑」から詳細を抜粋させていただきました。

  実をいうと・・ブラックタイガー様なのです。この海老。でも、養殖ではなく天然なのです。
  これ・・・日本の近海でもとれるどころか・・・いろんな場所にいます。

  一度、オーストラリアの冷凍川海老にたくさん混じっていたこともあるので、ビックリしたことが
  あります。海水はもとより、汽水域や、ほぼ淡水状態の場所でも生息できる
  スグレモノ?なのです(笑)

  もちろん、養殖のブラックタイガーより、美味しいですよ。たまにスーパーでも見かけますが
  鮮度が落ちやすいというか・・黒変しやすいので、一回凍結のものを選んで、解凍後
  素早く食べたいものです。

  で・・・木枯らしは・・塩焼きにしてみました。


 
a0019545_2320024.jpg


 この海老、天然ものにしては味の評価は中くらいなのですが・・・これだけ大きいと・・

 「まいうっ~~~!」なのです。外側がカリット焼けていて、中がジューシーで
 食べ応えのあること!小さな海老では、こうはいきません!

 おまけに、頭部の焼けているミソとあわせて食べることの美味しさときたら・・・・。

 うんうん、カニもなかなかですが・・・海老もすてたものではありません。

 学生時代のバイト先のテレビ局。私が海老屋に就職したことを知った、アナウンサーから

 「俺はな・・一度でいいから・・こ~んなにデッカイ海老を塩焼きにして、ガブ~~ッと
  かぶりつきたいんだ・・・死ぬまでにやってみたい事だな・・」
 
 と表情豊かに私に語ってくれたことを思い出します・・・。

 あ~~っ、今日は、夜風に吹かれ、昔話なんか想い出して、焼酎片手に
 秋の夜って感じがいたします。
by simarisu10 | 2005-10-17 23:28 | 海老の倉庫
<< お鍋の季節 オークション >>