なんちゃってボタン


  
a0019545_2187100.jpg


 
  部長・・・次長・・・・ありがとうございます。今回の功績は「花マル」ものでありますっ!

  例によって酔っぱらって帰ってきた木枯らし平社員でありましたが・・・
  あまり深酒をしていないと思ったので家事、雑用をしていたのです・・。

  インスタントラーメンでも食べて寝ようかな・・・と思い、鍋に火をかけたのですが・・。
  そのあとの記憶がないのです。

  気が付いた時は、すでに寝てしまっていたのです。

  幸い、深夜にも関わらず、部長と次長が平社員を鳴いたり、ひっ掻いたりで起こして
  くれたため、大事にはいたりませんでしたが、すでに鍋は真っ黒に・・・・。

  部長、次長のお手柄でありました。


  さて・・・今回は・・・・東サハリン産のボタン海老です。ぼうずコンニャク氏の尽力により
  この海老・・・学名さえついてない新種かもしれないとのこと。↓

  
a0019545_21163536.jpg


  
a0019545_21165039.jpg


  これ・・・赤海老業界では「なんちゃってボタン」と呼称されて流通しています。
  
  実際、この海老を売り買いするときも、真面目な顔で
  「なんちゃって、持ってない?」
  「今、なんちゃって・・・持ってないですね~~」
  という会話が交わされます。
 
  食味の方ですが・・・一般にボタン海老として流通している「トヤマ海老」と比べると
  やや違った味わいがあり、美味しいのです。
  
  かすかに えぐみがあるのですが、ワサビ醤油との相性は最高。かすかなえぐみが
  消えた後は、トヤマ海老より美味しいかもしれません。
 
  この手の海老を食べ飽きた本職の木枯らしでさえ、食べやめては、
  またつまみたくなり、何度も手を伸ばしてしまうのです。トヤマ海老の偽物扱い
  されているので市場の評価が低いため、安い価格で手に入ります。

  あまり大きく成長しないのがが欠点ですが・・・・・・・。

  これが新種であるとすれば・・・当然、正式な和名などついていないはず・・・。
  正式和名がついてないものが市場で流通する際、流通名が、正式和名扱いに
  なると厚生省から説明があったと聞いた事があります。

  と・・・すると・・この海老・・・暫定的ではありますが・・・正式和名は

  「なんちゃってボタン」

  になってしまうのですが・・・・・本当にいいのでしょうか?(爆)
by simarisu10 | 2005-10-07 21:46 | 海老の倉庫
<< タイ料理 う~ん、やっぱり・・・いただけ... >>