ううううっ・・・
a0019545_21552644.jpg



 木枯らし平社員・・・・・町内会の会長です。

 

 町内会を、”改革”しています。こちらの人の感覚だと”改悪”かもしれません。

 都市部風にドライに手間いらずに・・・・。

 もともと大阪生まれの大阪~東京育ちなので・・・ながったらしいのは、”嫌い”です。

 私の計画どうりなら・・・おそらく、全国でも珍しいエクセルによる、役員選定システムが出来上がるはず。

 世帯情報を入力し条件を設定するだけで 次の年度の各種役員の最適者を選定するエクセルを
 構想していますが・・・。
 まだ、完成度10%といったところでしょうか・・。

 さて・・・今日は、私らしくもない”話しかた”のお話です。

 町会長になると・・いろいろ、苦情やら提言だの持ち込まれます。

 また、いろんな会合に四六時中、でなければいけません。 

 これは・・・特に不満がないのです。

 一番、私をイライラさせるのが・・・・とてもダラダラと喋る人が、あまりにも多いことなのです。

 海老業界では、割とスピーディーに話が進みます。私の場合、特に要件が重なっていない場合
 発注から、発送、運送便の手配、入庫手配、納品書発行、売り上げ発行まで最短で1分半で
 仕上げます。(入力以外、パソコン様にやってもらいます)

 ところが、町内会関連では・・・先日、簡単なことを述べるだけなのに かなりご高齢の方が
 独り言を多分に交え1時間10分かけて単調に話したのです。

 たぶん・・・普通に語ると5~10分もあれば十分なのです。その間50人以上が、1時間10分、
 この人は、何をいいたいのか待ち構えていたわけです。

 結論がおわるやいなや、私は、手を挙げて発言し、「この手の話は、45分以内に収めること!」と
 言い放ちます。相手が高齢でも・・・かまいやしません。45分でも大サービスです。

 さらにこんなことが・・いろいろと連続します。会議の議長は、寝入っていて、他のみなさんも
 聞いているフリだけしてます。人間のこの手に関する精神集中力は、経験上15分程度です。
 
 近所の奥様方の要望や提案も・・・事の発端からはじまり、経過、要望とまで10分も話されます。
 結局、それ要望だけ1分で話してもらったら、30秒でカタがついたりします。

 最後まで何がいいたいのかわからない話し方に”話べた”があるのです。

 結局、1時間かけても・・まるで何も伝わってない話より、要点だけを伝える5分の話し方の方が
 価値があります。

 私は、声を大にしていいたい。

 ”まず、どうして欲しいか、何を伝えたいかを最初に言え”と・・・。その後、必要に応じ、
 相手がわかってそうも無いとき、随時、補足を入れろと・・。

 郷に入れば、郷に入れといいますが・・・・
 なかなか、時間の緩やかな”地方”には、なじめないでいる私です。

 
by simarisu10 | 2016-04-13 22:38 | 町内会
<< 金沢醤油イクラの巻き アラジングラファイトグリル&ヒ... >>