平社員と醤油いくらの巻き
a0019545_2051158.jpg


 部長・・・係長・・・意外にやっかいな案件にぶつかりました。

 得意先のオリジナル醤油イクラを作る件なのですっ。

 この話を聞いたとき・・・私は、メーカーを紹介するから、そちらと直接話してくださいと言ったのです。

 だって・・・・醤油イクラなんて、木枯らし平社員が台所でスジコからでも作れるような代物です。

 いくら+醤油+酒+みりんで簡単なものです。

 さて・・・試作品が、私のところに送られてきたとき・・・私は、怒ってしまいました。

 なぜなら・・・醤油イクラが、真っ黒に染め上がっているうえ、塩辛いのです。
 
 それは・・・まさに黒真珠と呼ぶにふさわしいものでした。見方によっては、こんな醤油イクラをみたことなかったので
 ”大人の醤油イクラ”と形容してもよかったくらいなのですが・・・塩分が多いのです。

 なんで、こんなことになったのか、事情聴取です。
 
 作った先は、言われたとうりのレシピで作ったとのこと。

 得意先は、店でやっている方法をそのまま教えたとのこと。

 ただ・・・明らかになにかが違います。 仕方ないので試作品の500gをえんえんと食べ続けます。

 おおよそが、見当がつきました。

 そこで・・・今度は、詳しい人間に意見を聞き、私の見当と重ね合わせると・・・・原因がわかりました。

 世の中で、醤油イクラとして出回っているものは、正確にいうと”味付けイクラ”なのですっ。

 もちろん、醤油も入っていますが・・・・完全な脇役。 さらにイクラの特性が、浸透圧の関係で私の想像と
 違うものだったのです。

 こうなると打開策は、簡単。得意先に断り、私の独断で作るのです・・。

 ところが・・・それも思わぬ事態に遭遇します・・。塩辛いのです・・。どうやら、イクラという商材は、私の想像以上に
 手ごわいのです。

 簡単に言います。浸透圧の関係なら、私の得意分野。しかし、イクラはは、海水生活をしていたサケが
 淡水で産卵するのです。

 淡水に触れると、表皮の幕が固くなって 卵の中の浸透圧を守るのです。

 自然の力・・・恐るべし。これは、木枯らしの推論なので実際には、違うかもしれませんが、試作品が予想を
 大きく裏切る展開になったので・・・。

 さて・・・・考えても、らちが明かないので、予備知識を学習し、工場と話し合いをするのです。

 少なくても、多くの醤油イクラができているので・・・欠点が、克服されているはず。

 その前に、回転すし、スーパーで目に入る醤油イクラを食べて・・・舌に覚えこませます。

 結論から言うと・・スーパーや100円回転すしのイクラは、美味しくありません。

 あれなら、私のできそこないの試作品の方がましです。

 中略しますが・・・

 
a0019545_21142610.jpg


 
a0019545_21144286.jpg


 五種類のサンプルを作ってもらいました。

 得意先と一緒に試作品を味見します。

 味に関しては、5種類のなかで3つ合格点がでます。しかし、木枯らしとしては、全部ボツです。

 かなりの工夫を凝らしたとおもったのですが・・・そうは、簡単にいかなかったのです。

 この商品を店舗でだしたら、食通には、非難されます。食べログなどに投稿された暁には、店の失態とも
 なりかねません。

 そう・・・店で使っている醤油イクラより、美味しいのに”ボツ”するのですっ。

 この件、一度、凍結し、私に一度、任せてくださいといって・・・目の前の そこそこの金額の話を一度、放棄します。

 イクラの場合、美味しいだけでは、ダメなことに気付いたのです。この先は、業界の専門的な話になるので
 割愛します。

 ということで、最初からやり直しなのです。 いつになったら、コレッっいうものができるのやら・・・。

 ただ、得意先の話と私の話が・・・一致するのです。

 最初に作った、真っ黒なイクラ・・・・得意先いわく、うちの店の イクラが苦手な子が、これなら、食べれますって食べるんですよ。
 
 いや・・私も、塩辛いと思いましたが・・・一人で500g平らげて・・・もう500g食べてもいいなって思っていたのです。

 あれ・・・本物の醤油イクラですから・・。真っ黒くて、塩味がきついだけで・・・。いわゆるエキスとか、グルタミン酸系統の
 添加物を一切いれてないんですよね・・・・。

 しかし・・・黒真珠のイクラなんて・・・出せないのです。

 ということで・・・・新展開を目指すのですっ。 次回の報告は、いつになるやら・・・。

 海老屋の私が、醤油イクラと格闘するなんて・・・予想外の展開なのですっ。

 しかし、勝算があるのですっ。失敗は、成功の母なのですっ!
 
 

 
by simarisu10 | 2016-03-02 21:32 | 平社員営業フロア
<< ローゴ 手抜き料理 >>