知らない海老が・・・
a0019545_23181187.jpg



  うーん、部長・・・・取引先から送られてきた知らない海老の写真です。

  あきらかにミノ海老の一種なのですが・・・・マリアナ海溝の付近でとれた
  ミノ海老と似ていますが・・・。

  このミノ海老の仲間は全世界の海のいたるところに生存しています。
  形状が似通っているのですが、とても微妙に形がちがうのです。

  このミノ海老の仲間だけでも相当な種類が存在し、いまだ学名のないものも
  多数いるかと・・・・。

  甘エビはタラバ海老科タラバエビ属に属し、ミノ海老はタラバ海老科ミノエビ属なのです。

  タラバ海老属(甘エビ状の形態のもの)とミノ海老属は・・・どうも・・・タラバ海老(科)の
  2大勢力らしく・・・・赤道を挟んで、勢力分布図がかわります。

  ミノ海老属は 南半球で甘エビと似た生息環境において勢力を誇っています。
  北半球は甘エビ状の形態のタラバ海老属が勢力を誇っています。

  
a0019545_23355450.jpg


  ↑これは 甘エビ(ホッコクアカエビ)

  もっとも、北半球、南半球と生息範囲がはっきり色分けされているわけではありません。

  特にミノエビ属は北半球にも広く分布し・・・赤道直下の付近はミノエビ属の天下です。(笑)
  南半球にも甘エビタイプのタラバ海老属が多く分布しているのですが・・・数量的に
  少ないですね。逆にミノエビ属も北半球での生息数量はすくないのです。(南半球は
  多い)

  これって・・・・赤道を境に形状も生態も似ているのに明らかに種類が違う
  「ミナミマグロ」と「クロマグロ」の関係に似てなくもないのですね・・・。

  進化の過程で北半球と南半球とでは、なにか違う要因が影響してるのでしょうか・・。

  さて・・・・中国で見つけた・・・・変な海老・・・。
 
  すでに頭をとられていたのですが・・・・雑多の海老のなかで極僅少で存在しておりました。

  なんの種類の海老に属するものかもサッパリ・・・・。


  ↓これなのです・・。(どことなく・・鉄砲エビくさい・・・)

    
a0019545_2346536.jpg


  こころ当たりのある方がおられれば・・・教えてくださいまし・・。
by simarisu10 | 2005-08-18 23:45 | 海老の倉庫
<< キタザコえび 小細工は無しですっ! >>