レトルトカレーのお勧めの巻
a0019545_19115137.jpg



 ココ秘書(ヨークシャーテリア)が、しきりにそわそわしだすのです。

 私の食べているカレーが気になるから・・・。

 以前、エビカレーを作るべく、全国から主だったレトルトカレーを取り寄せたり、近所のスーパーの
 レトルトを片っ端から買って、毎日、毎日、レトルトカレーを食べ、記録をとっていたことがありました。

 いまとなっては、す~っかり、忘れていたのですが・・・。

 なんと、得意先が、新たにレトルトカレーを作りたいなどと言い出したので・・・・ちょっと協力してあげたのです。

 そのとき、過去の資料を読み返してみて・・・・いろ~んなことを思い出したのです。

 結局、当時は、美味しいレトルトカレー(海老)を作るために、ある程度、結論がでていたのですが・・。
 
 確か、転勤と同時にそのプロジェクトを放棄してしまいました。(当時勤めていた会社の会長命令でした)

 レトルトカレーには、美味しいカレーという意味では、いくつもの弱点があります。

 ① 具材が、浸透圧でちいさくなってしまう。

 ② スパイスの風味がまるでない。

 ③ 保存期間が長いのは、いいとして・・・実際には、味がどんどん低下する。

 以上の意味で 一番オイシイカレーは、市販のククレカレーと結論づけたのです。
 
 ① 安価なので 具材がなくてもなぜか納得。

 ② 安価なので風味がなくても全然、納得

 ③ 浸透圧の影響を受けにくい、野菜類がごろごろはいっていて、そこそこ満足感。

以上が、理由です。

 価格と美味しさは、相関性があるというのが、私の持論。

 さて・・・当時、私が作ろうとしていた レトルトの海老カレーは・・・

 ① スパイスが別添えになっていること

 ② スープ付けの具材としての海老とカレーが、別々のレトルトになっていて、混ぜ合わせるタイプ

 ③ カレーは、オマールエキスのカレーをベースとする。


 細かいことを説明していくと長くなるのですが・・・この計画は、すでに放棄したので、公開いたします。
 おそらく、シーフードカレーを商業ベースにのせるには、以上の案が必要なはずなのです。
 しかし、この私の計画にさえ、穴があるのです。

 結論としていうなら、レトルトでシーフードのカレーで美味しいものは、作れません。
 冷凍カレーしかないのです。

 で・・・・・昔、カレーを調査していて・・・いろんなレトルトカレーを食べた中で・・いまでも食べているカレーが
 あります。

 
a0019545_19291677.jpg


 オリエンタル食品、激カレーなのです。 個人的に絶賛しているレトルトカレー。こんな、マイナーな
 レトルトカレーが、廃盤にならず、いまだ、現役しているところをみると、私同様、ファンが多いのでしょう。

 このカレー、決して、美味しくありません。でも、その発想が、すごい!

 ① 唐辛子が1本まるごと入っています。 辛さは、かなり辛い。
    なるほど・・・この方法なら、長期間、唐辛子の辛さが維持できる上に、時間が
    経てば経つほど、辛くなってきます。よく、考えたものです。

 ② スパイス(ガラムマサラ)が、別添えです。辛さを調整できるとともに、ガラムマサラの風味を
    殺しません。(全量、入れると・・・辛くて、大変なことになります)

 ③ 辛いカレーは、自分が食べれても、家族や他人が食べれません。自分用の激辛カレーが
   たべれます。グリコのLeeシリーズとは、違い、辛いだけのカレーでないのも好感度UPです。

 ④ うまくいくと、一袋、買っただけで 景品がもらえる”当たり”付き。はずれを引いても3つ買えば
    景品プレゼントに応募できます。なんか、食べる要素以外に楽しみがあるのは、嬉しいです。

 ⑤ にんにくがガッツリなカレーです。風味が落ちることが前提な、レトルトカレーに対し、明らかに
   にんにくを多量にいれることでにんにくの風味が落ちても、なおかつ、にんにくの風味を残す
   努力がなされています。


 こんな、楽しいカレー・・・ないのです。

 
 
a0019545_19365270.jpg


 私が、レトルトカレーの傑作品としておすすめする、一品です。
 
 もう一度、いいますが、美味しさは、期待しないでください。(木枯らしは、美味しいと思っていますが)
 
 辛さは、保証します。

 価格も高くないですしね・・。

 ちなみにココ秘書におすそ分けしたのですが・・・彼女もはまってしまったようです・・。(かなり辛いのに・・・)
by simarisu10 | 2013-10-20 19:43 | 平社員営業フロア
<< 木枯らし平社員なのですっ! 平社員と梅干の巻 >>