平社員と梅干の巻
a0019545_2023373.jpg



 ええっ・・・っと・・。梅星で・・・・

 ち・・・違うでしょ!梅干しですっ!


 平社員・・・梅干のメッカ・・福井県の美方にいってきたのですっ!


 
a0019545_2041530.jpg


 梅干は、和歌山の紀州が、有名ですが・・・・

 私は、紀州が有名になる前に有名だった 福井の美方の梅干しを推奨しますのですっ。

 
a0019545_206226.jpg


 福井の美方の梅は、「紅映(べにさし)」という品種を使って作られます。
 
 紅映は、種が小さく、果肉が厚いのが特徴。そのため、梅干にむいているとされます。

 古くから梅干をつくっていただけあって、この地には、かなりの種類の梅干が存在し・・・
 かなり安価です。

 日本人は、梅干が好きなので量産品と扱われていたので、その名残りではないかと勝手に推測します。

 で・・・・早い話、美味しいのです。

 福井の美方・・・美方五湖のまわりには、観光客むけの梅干直売所が、多数、存在します。

 そのなかでお勧めなのが、梅の里会館

 海老屋の私におよそ無縁の場所ですが・・なぜか、仕事でよく交差するのです。
 
 そのうち”梅干”でも売ってやるかなどと考えています。

 ここでは、幾種類もの梅干を試食して買えるので、本当におすすめ。

 ほう・・・梅干なるものは、製造方法で、こんなに多様な味がでるものかと感心してしまうのです。

 一言言います。

 福井の美方の梅は、本当に美味しい。そして安い。紀州産より知名度は、ないけど、確実に味は、
 こちらが上!

 昨日は、4つ。今日も4つ食べてしまいました。ご飯の美味しいこと!

 ちなみに私のおすすめは、薄塩味です。 しょっぱくなくて梅の実の味が はっきりわかります。


 で・・・なんで・・・福井の美方にいったかといいますと・・・

 美方は、三方五湖(みかたごこ)が、見渡せるレインボーラインというのがありまして・・・
 そこの山頂駐車場から、リフトに乗ると”恋人たちの聖地”があるのです。

 メァリィ社長(相方)が・・・恋愛成就に訪れたいと申しまして・・・・(ヲイヲイ)

 
a0019545_20213715.jpg


 なんでも、”誓い”をたてた恋人たちが、安物の南京錠をあちらこちらにロックしてゆく趣向です。
 数え切れないほどの南京錠で山頂が埋め尽くされています。

 
a0019545_20255425.jpg


 一緒に”カギ”しようという、メァリィ社長をさりげなく、かわして・・・・っと・・。
 いや、どうせやるんなら、ホームセンターで一番でかい南京錠を買って、30年後くらいに開錠しいいった
 方が面白いでしょ・・・と考える平社員です。

 そのほうが、探す手間もなく、思い出深い一瞬になるに違いありません。なにしろ・・とんでもない
 数の南京錠がかかっていて・・・かけた本人も迷うこと請け合いです。

 
a0019545_20323860.jpg


a0019545_20325784.jpg


a0019545_20331387.jpg


a0019545_20333030.jpg


 山頂からの眺めもいいのです。

 帰りは・・・・なぜか縄文博物館のある公園で ココ秘書と遊んでおりました。

 ここも・・・なかなか、良い公園で・・・・

 
a0019545_20353137.jpg


 
a0019545_20361233.jpg


 ”ゾンビに注意 ” って、わざと間違えて書いたほうが面白いのでは・・・と思いました。

 
a0019545_2036271.jpg


 こ~んな感じの静かな公園で・・・当社のメンバーともう一家族だけしかおらず・・・

 まぁ・・・のんびりしていたのです。

 三方五湖、周遊ツアーは、おすすめかもしれませんですっ。

 
by simarisu10 | 2013-10-15 20:38 | 平社員休憩室
<< レトルトカレーのお勧めの巻 まだまだ、暑いぜ、アウトドア!の巻 >>