特大・・・ボタン海老
       
a0019545_21275024.jpg


部長様が最近、換羽期(トヤ)で部屋の中に羽根をまき散らしています・・。

うーん、部長・・部長の羽根を丹念に集めれば、部長専用の羽根枕くらいなら出来そうですよ。

今日は特大のぼたん海老でも・・





  
a0019545_21482496.jpg


ちょっと比べるものが写ってないので、大きさが把握しにくいですが・・

9尾で1キロあります。カナダやアラスカで漁獲されるスポットシュリンプですが・・
相当巨大になります。

木枯らしの持っているレコードは 7尾で1キロあるものがありました。このレコードは
当分、破られそうもないですが・・。

現地の記録では、それよりはるかに巨大なスポットシュリンプがおり、ロブスターをも凌ぐ
大きさであったはずです。(重さを記憶していない・・・残念)

推定年齢も忘れてしまったのですが・・・たしか十数年か20年くらいであったと思います。

ただ、実際には、そこまで大きくなるまでに死んでしまったり、補食されてしまうので
見かける事は稀なようです。

最近、ボタンエビの中型サイズが不足しているので、特大型を安くしてお客におすすめ
しているのですが・・・・

返ってきた意見は・・・1尾当たりの値段をいっしょにしてくれても・・・

この海老を盛りつけるだけの大きさのお皿がない・・・・とのことでした・・・。確かに・・・・。

ボタン海老の大きさを実感頂くために画像を追加しました↓コレ

a0019545_1732856.jpg


a0019545_1745471.jpg

by simarisu10 | 2005-04-22 22:04 | 海老資料室
<< 部長VS辛口あたりめ ザクティ >>