し~ろいナスビの巻
a0019545_203098.jpg



 中秋の名月


 三脚たてるのが面倒なので 手ぶれしてしまいましたのです。



a0019545_203566.jpg



 ひさしぶりにピナ課長が、でてきましたのです。すっかり、年老いて、最近は、巣にこもりっきり。

 まだまだ、ピコ係長と喧嘩するときもあるので・・・・元気は、元気なのですが・・・。


a0019545_206742.jpg


 さいきん、すっかり、はまっているJA(農協)の直売所で またまた、へんな野菜を発見。

 あまり、変な野菜をかってこないで~とメァリィ社長(奥方)に言われているにも関わらず、
 手がでてしまうのです。

 どうも「味しらかわ」という品種かと思われます。ナスビです。

 四六時中、JAの直売所に出入りしているんですが・・・数日間で一袋も売れていないのを確認。

 ああっ・・・私が買うしかないということで・・・禁じられている 変な野菜を買うことになります。

 さて・・・・どう、料理する?自問自答して・・・まず、炒めてみることに

 
a0019545_20124173.jpg


 味噌焼きにしたのですが・・・・・IHの火を消したつもりが、つけっぱなしになっていて・・
 焦がしてしまいまいした。

 あちゃ~~~。

 味は・・・・どれどれ・・・?

 おや? あれほど加熱したのに・・・まだ、果肉がしっかりしていて、ナスビでは、ないような感じ。
 味は、クセのない味ですが・・・ナスビらしい味もしなくて・・・拍子抜けしたのです。

 しかし、このしっかりした果肉は、・・・・使えます。おそらく焼きなすにしたら、相当おもしろい料理が
 できそうです。

 しかし、こんな焦げた 正体不明の野菜を食卓に置いておいても 帰ってくるメァリィ社長が
 食べるわけありません。

 総合評価は、悪くない・・・・今回は、調理を失敗しただけ・・。

 考えた末

 
a0019545_20191258.jpg


 ゆでアスパラ、ミディトマト、ベイクドポテト(バター味)と組み合わせ、温野菜サラダにすることに。

 白いなすびは、一番下に隠します。

 こうすることでなすの味噌味が、アクセントになり、社長も喜ぶだろうと・・・・。

 社長のご飯として、このあと、シチューを添えて、食卓に置いておき、そうそうに寝てしまった
 平社員。

 そんなものを作ったことなど・・・す~っかり、忘れていた、その翌日。

 社長いわく・・・・あの・・へんな野菜なに?エリンギだと思ったけど・・・ちょっと違うし・・。

 あっ、なるほど、果肉が、しっかりしているから・・・エリンギの炒め物というイメージだったのか・・。

 あれ・・・ナスビですと告白すると・・・・無言な社長・・・。
 
 また、へんな野菜、買ったでしょ?ともいいたげな・・・目つき。

 はい、もとの野菜を見たら、ぜ~ったい、食べてくれないような、へんなナスビを買いましたと
 申し上げます・・・。

 少し、とり置いて、冷蔵庫にいれておいたのですが・・・冷やして食べて、ちょっと驚き。

 一日経っても 身がしっかりしています。でも、かなり茶色に変色しています。
 味噌焼きは、その意味では、正解。

 で・・・冷やして食べたら・・・・これが、なかなかに美味しかったのです。

 もう、JAの直売所でも 見ることがないかもしれませんが・・・・こんど、見つけたら 
 この”味しらかわ”なるナスビ、「焼きナスビ」にして、こらしめてやろうと考える平社員です。(意味不明)

 
by simarisu10 | 2013-09-19 20:27 | 平社員休憩室
<< 平社員、吉祥寺に行くの巻 平社員、松阪牛を食べるの巻 >>