ハラル
a0019545_2004997.jpg



  きょうは、ちょっと つまらない話です。

  平社員、仕事上で輸出方面の仕事もあります。
  
  大抵、エクスポーター、シッパーと業界で呼ばれている方々に「海老」を提供するだけなのですが・・。

  私の海老は・・・たいがい、香港に・・・。

  しかし、昨年、シンガポールへの輸出の試み、今年は、タイと新たに香港から、引き合いがきています。

  今後の輸出相手として インドネシアが、注目されています。

  最近、石川県のジェトロ(日本貿易振興機構)との接点が、増えているのです。
  
  今日も講習会に参加して、輸出に関する知識を学びます。

  今回は ハラル についての講習です。

  話は、聞いていたのですが・・・その概念が・・・ちょっと違います。
 
  イスラム教の戒律で「豚や血、死肉・・・その他、動物を捕食するための牙や角を持つ動物を食べる事
  を禁ずる」

  というのが、あるのです。厳密にいうと、範囲が、かなり広くなります。
  また、イスラム教の「派」や国でも基準が違うのです。

  さらに・・・食べられる動物でも 殺し方、血の抜き方などにも基準があります。

  そういえば、昨年、シンガポールにいった飛行機で隣の席のイケメンの好青年が、イスラム教徒で
  あったので 一人、特注の機内食を食べておりました。 となりの席だったので横目で覗き込んだの
  ですが・・・「おっ、うまそう・・・こりゃ、チキンだな・・・」なんて思っておりました。

  ハラルというのは、平たく言うと 良い、穢れないという意味。 ハラームは、これの反対語で
  悪い、穢れる。という意。 さらにハラームな食品を食べたものは、穢れない他の教徒に穢れ(けがれ)を
  移す、意味合いもあるので・・・ハラームにならないため、ハラルな食べ物に固執するんだそうです。

  日本で感覚的に近いのは「エンガチョ!」と犬の糞を踏んだ子供に対して宣言し、逃げる感覚・・・
  というような感じらしいのですが・・。

  この定義が・・割合、ややこしくて・・・

  水の中だけ生活できる魚は、ハラル(良い)、しかし、水と陸地、どちらでも生活するカエルは、
  ハラーム(駄目)

  水の中だけで生活するカニは、ハラル(良い) 陸上と水中を行き来できるカニは、ハラーム(ダメ)

  うん?と・・・いうことは、飼料で飼われているニワトリは、OKだけど、ニワトリが野生化して
  生きている虫をクチバシでつついたとたん ダメになるということか・・・

  当社の役職者は、誰も生きた虫をついばんだことがないので・・・ハラル?
 
  しかし、ヨークシャテリアのココ秘書は、生まれつき、他の動物を捕食するための牙を持っているので
  ハラーム?しかし、ドックフードと私の作る料理くらいしか食べてないけども・・・


  他には、緊急時には、神の寛容において 禁止食材を食べることが可能だったりします。

  しらないで食べてしまった場合もOKです。

  なんで、こんな事を学ぶ必要があるのかというと・・・イスラム教徒は、年々増加の傾向にあり
  すでに世界的にイスラム教徒なくして語れない部分があるのに対し、食材供給においては
  制限が かかっているので・・日本においては、これからのマーケットと捉える必要があるとのこと。
  
  しかし・・・事実上・・・日本では、不可能なんだそうです。国や宗派により、違うのですが
  生産場所から、半径40km以内にブタが、いては、いけないのだそうです・・。

  いまや・・ペットとして ミニブタが、家庭にいる場合もありますしね・・。


  ただ・・疑問に思ったのは・・・魚だって・・赤い血を流すぞ・・・あれは、どうなるんだ?
  で・・海老でも赤くないだけで「血」は、流れているし・・・。

  イスラム教徒=ベジタリアン でないので・・・。ここが、厄介なのです。

  これは・・・面倒なので、イスラム圏は、避けようと思っていたら・・・いまや、アジア圏でも相当な
  イスラム教徒がいるとのこと・・・さらには、増加中とのこと。
  仏教徒が、イスラム教徒になることが、珍しくないとのこと・・・。だから、仏教徒の本場の中国でも
  イスラム教徒が、大勢いるとの事。


  まっ・・・とりあえず・・・海老は、ザリガニ類を別にするとOKかな・・。

  ウチのココ秘書、 食用には、されないから・・・安心して、寝るのだよん。

  
  
a0019545_20493723.jpg

  

  
by simarisu10 | 2013-07-30 20:46 | 平社員営業フロア
<< 試作品 ひまわり >>