酒を考える の巻
a0019545_2093830.jpg



 ピコ係鳥・・・・すでに社長には、ばれていると思われます・・・。

 生まれつき、酒に強い体質。 海外では、コミュニケーションにおいて非常に役にたちます。

 一日、一升。 数年前までやっていました。

 若い頃は、さらにすざまじく・・・毎日、ジンを一本にビールを大量に近所の酒屋に買いにいっていたのです。

 最初の頃は、上客扱いでニコニコされていたのですが・・・・そのうち、薄気味悪くなったのでしょう。

 お金を受け取ると 逃げるように店の奥に逃げていくようになりました・・。

 あれには・・・・さすがに参りました。 アル中じゃないんですけど・・・。

 さすがに 私と結婚してメァリィ社長も その凄さに驚き・・・節酒令が発令されました。

 おかで家の飲み代、数万円が・・・一気に1万円を越さないレベルに・・。

 とはいえ・・・・まだまだ、酒と語りたい年頃でもあります。

 好物の蒸留酒を焼酎以外を封印し、自室にもどって寝る前・・・隠していたお酒を飲みだします。

 
a0019545_20195291.jpg


 低アルコール日本酒。さらにこれを水で割って 小さなコップですこ~しづつ飲んでいます。

 いや・・・・慣れると こちらの方がいいのです。

 
 むしろ、最近は・・・節酒令のおかげで、とんでもなく飲めなくなってきました。

 そのうち、居酒屋さんでも日本酒を水で割って 飲み始めるような気がします・・・。


 若い頃は、高い酒を飲んでいましたが・・・今は、アルコールが混ざっていればいいのです。

 実をいうと酒代を節減するため、ためしにアマゾンで消毒用エチルアルコールを買って
 薄めてのんでいたのですが・・・意外にいけたので・・・・逆に すぐにやめました(笑)

 さすがに・・・「危ない人」の認定となるでしょう。

 私の人生の目的は、「世の中の観察者となり、自分でも人生を体験することで その意味を死ぬ直前までに
 導きだす。」ことなのです。

 酒をのみつつ、今、自分とそのまわりに起こっている事に想いをめぐらします。

 そんなときにアルコールは、良い思考能力増強剤となってくれます。

 道なきフィールドに 四駆でそろりそろりと道を作って歩んで行く、だけど、目的地だけは、見失しなわない。
 回り道したり、スタートに戻ってもいいのです。目的地だけは、決めておく。
 たどりつけるかどうかもわからない。

 あまり語ると大変な事をいいだしそうなので、やめておきましょう。

 やっぱり・・・アルコール抜きでは、こんな妄想ができないので・・・・私には、必要な物質です。



 
 

 
 
 
by simarisu10 | 2013-07-23 20:52 | 平社員休憩室
<< 平社員、庭に凝るの巻 男の料理 >>