男の料理
a0019545_2014856.jpg



 いえ・・・まぁ・・・手抜きです。

 ナイン社では、メァリィ社長と平社員、時間の都合の付く方が、夕食を用意することになっています。

 両方とも都合付かないときや 料理を作る気がないときは、なにかしらお互いで都合をつけます。

 で・・・今日は、最近、マイブームな 鶏肉オーブン料理!

 まず、安い胸肉を買ってきて 包丁で切らない程度に切れ目をたくさん入れます。

 そこに岩塩、ニンニクのみじん切り、しょうが、コショウ、適当に思いついた調味料を表面と裏側
 切れ目にすりこみます。ニンニクは、すらないでみじん切りがいいかと・・。
 そこに少量のオリーブオイルで、岩塩をなじませます。

 あとは、グラタン皿に入れてオーブンやオーブントースターで30分くらい焼くのです。

 鶏皮から、脂が溶け出てくるので、グラタン皿には、油は、ひかなくてもいいです。

 焼きあがったら・・・そこで切り分けます。

 
a0019545_2092365.jpg


 こ・・・これが、うまいのです。鶏肉のエキスも出て、チキン味。
 
 冷えたビールを片手に一杯やるのです。

 オーブンには、乱切りしたかぼちゃを放り込んでおくと、味付けしないのにホクホクなベイクドカボチャが
 できあがります。

 平社員的には、大好物クラスの味なのですが・・・・

 女性のメァリィ社長は・・・「ニンニク~?!」と言って・・・食べてくれないのが、予想できるので。

 社長むけには

 
a0019545_20133158.jpg


 
a0019545_20134669.jpg


 同じ手順で 塩、コショウして、程よく焼いてから、後乗せのとろけるチーズで、再度、加熱。

 かぼちゃも同様にしておきます。

 ちょっといたずらして、ハバネロペッパーを一部分に仕込んでおきます(笑)
 メァリイ社長も思わず、私が冷凍庫で冷やしておいたチューハイをがぶ飲みするに違いないと
 ほくそそえみます。

 ちと、面倒ですが・・・・男の「食」が 女性に全面的に 受けいられないことを 意識しておくのも
 これ、料理の心得です。

 もっとも個人差が、激しいことも承知なのです。

 もっと、簡単にいうと・・・相手を知り、相手の喜ぶ顔が見たい料理を作るのも 料理の「喜び」と
 いうべきなのでしょうか。

 それが、手抜き程度で出来るなら、それもまた「楽し」なのですっ。
by simarisu10 | 2013-07-22 20:20 | 平社員休憩室
<< 酒を考える の巻 夏だ!キャンプ場だ!それいけス... >>