茎わかめ
a0019545_2015214.jpg



  いや・・・ピナ課長・・・その・・・お愛想笑いも出来ない川柳なのです。

  すっかり、老文鳥になってしまったピナ課長・・・。赤海老エイト社からのオリジナルメンバーの
  最後の一羽。ず~っと巣にこもりっきりで・・・平社員、心配しております。

  さて・・・最近、かな~り、いろんな事を試しているのです。

  ブログを休止している間も・・・そこそこ実験などを重ねて、海産物の利用法を探求しておりました。

  しかし・・・最近・・・あまりにも多くの実験を並行しており・・・・疲労しております・・。

  さて、そのうちのひとつが、 茎わかめ・・。

  
a0019545_20241360.jpg


  市販されているワカメは、葉っぱの部分。しかし、茎の部分も捨てられないで塩蔵されています。
  しかし・・・まるで人気がなく、たまっていく一方。

  たまに金沢のスーパーでも売られているのですが・・・・まるで人気がありません。

  石川県では、今年、ワカメが豊漁で・・・茎ワカメは・・・捨てるように指示が出たと聞きます。

  しかし・・・ナイン社の台所実験室で 判明したことが・・・

  ①おそらくであるが、茎の方が 葉の部分より、はるかに栄養分を含有している。
    しかもその栄養成分が、アルギン酸、フコイダン、カルシウム(高濃度)、ヨード

  ②堅い・・・・結構、堅い。ありきたりの加熱では、やわらかくならない

  ③繊維が縦に走っているが、縦方向への裁断は、難しい。その理由として
   根元と先では、太さと厚みが違うため。また、均一に火がとおらない

  ④ ①を含む増粘多糖類が多いため、切り刻むと めかぶよろしく 凄くネバネバする。

  日本は、基本的に火山灰土がベースにあるので、土の成分の中にヨードが少ないのです。
  ヨードは、微量栄養素で摂取が必要です。外国にいけば、水に含有していることもあるのですが
  日本の場合、おもな摂取源は、海草になります。

  よ~するに わかめ、昆布、海苔です。

  捨てるには・・・・もったいない・・・。

  ①~④を考察すると フードカッターで切り刻むのがよいかと・・・さらに増粘させるために
  アマゾンで炭酸カリウムを発注するのです。
  
  これで・・おそらく、メカブ並の粘度が出る・・・・と思うのですが・・・。

 
  そうすれば・・・しめたもの・・・使用用途は、アイデア次第。

  製品化の目処がついたら・・・・報告するのです・・・・。


  明日は・・・・休みなのですが・・・・また、台所で実験・・・・・。

  う===っ、バイクで峠を攻めたい、山に登りたい・・。
 
  しかし・・・・ナイン社の意地にかけて、今、行っている実験 7~8種をものにするのです。

  いったい・・・私は、なんのために・・・こんなことをしているのだろう・・・・。
  
  金と野心は、とうの過去においてきたはずなのに・・・。

  でも・・・・だから、人生が面白いのかもしれません。

  今は、亡き白文鳥のジュン部長がいてくれたら、肩にのって・・・

  「そんな事、どうでもいいじゃないか」と うざそうな目を私にむけてくれていたものですが・・。
by simarisu10 | 2013-06-25 20:49 | 平社員営業フロア
<< 茎わかめ2 クーンストライプシュリンプ 最終夜 >>