クーンストライプシュリンプ 第3夜
a0019545_2025828.jpg



  部長代理・・・そうなんですよね・・。 海老の話をしだすと長いのですよね・・・
  平社員は・・。

  (前回よりの続き)

   カナダより来日した Mr.レイ他3人と 一杯飲むことになった平社員。いよいよクーンストライプシュリンプ
   の話になります。

   Mr.レイは、身体が悪く、アルコールの摂取が禁止されているとのこと・・。しかし、私は、大酒飲み。
   4人で歓談するうちに 最初出会ったときの険悪さもどこへやら・・・ごく普通に話せるようになってきたのです。

   そこでカナダのスポットシュリンプの話題から、スピンアウトして、私は、Mr.レイに かねてから
   疑問であった クーンストライプシュリンプについて聞いてみることにしました。

   「クーンストライプ海老は、とっても美味しいと思います。おそらく、サシミシュリンプとしては、
   世界屈指でしょう。しかし、凍結は、悪く、日本でも評価の低い海老となっています。
   あの海老の事を教えてくれませんか?」

   と・・・私の言葉を通訳してもらった途端・・・Mr.レイの目つきが変わったのです。 
   そして・・・まじまじと私を見たのです。

   「Mr.木枯らし・・・日本人で あの海老を評価したのは、お前が初めてだ・・。私は、カナダで
   日本人に クーンストライプは、美味しい海老だ、評価してくれ、商品にしてくれと言っているのだが
   まるで駄目だった・・・。」

   しばらく、Mr,レイは、考えて・・・ウィスキーかバーボンの水割りを注文しました。

   「今夜は、禁止されている酒を飲みたい気分だ・・・。Mr.木枯らし・・・ あの海老は、美味しいんだ
   連中は、サーモンを食べているんだ。だから、美味しいのさ・・・。」

   「Salmon?(サーモン)」と耳を疑い 聞き返す私です。
  
   話が長くなるので要約するとこういうことになります。

  ① 凍結状態が悪いのは、クーンストライプは、スポット海老のバイキャッチ(混獲)で獲れる場合。
    日本人が、評価しないのでスポット海老を最優先で凍結し、クーンストライプは、一番、処理が
    後回しになる。だから、凍結状態が悪い。

  ② クーンストライプとスポット海老は、基本的に混獲されないが、一部の海域で混獲される。
    
  ③ クーンストライプは、河口で漁獲される。

  ④ カナダの河川を遡上して 産卵を終えたサーモンは、その命を終え、川に流され
    河口付近にたまる、クーンストライプは、その死んだサーモンを食べている。連中は、雑食の
    スポットシュリンプと違い、肉食なのだ。

  ⑤ クーンストライプを専用に漁獲して凍結している船が数隻いる、お前がその気なら
    それをコンテナに積んでやっていい。
 
  ⑥ クーンストライプは、さほど大きく育たない、せいぜい、30~40g/尾だ。

  話の概要は、おおよそ以上のものです。もう今から、十数年前の話です。
  Mr.レイとは、とても話がはずみました・・・。

  しかし・・・・その後・・・この時の話が、重要な大発見?につながることになります。

  その時は、楽しくて・・・酔っていて 全く、気づかなかったののですが・・ 結構な時間が 経ってから
   
  ある「矛盾」に気づいたのでした・・。


  (次回に続く)
   
by simarisu10 | 2013-06-19 20:37 | 平社員営業フロア
<< クーンストライプシュリンプ 最終夜 クーンストライプシュリンプ 第2夜 >>