pandlus danae 通称 Dock Shrimp
a0019545_16383550.jpg



 ピコ係鳥・・・日増しに大きくなってきて・・・平社員、大喜びです。

 良かった、良かった・・・ペットショップじゃ・・・少ししか配給がなかったんですね・・。


 このブログ、海老のブログじゃないんですが・・・・

 まぁ・・・そう捉えられている面もあるので・・。 これは、基本、文鳥ブログです。

 でも・・・ちょっと、この間、嬉しい事件が・・・

 人間社会の会社に得意先から クレームが来ました。

 「木枯らしさんから買った海老に・・・へんな海老が、まざっているんですよ・・。画像送ります。」

 で・・・画像をみました・・・・。

 わかりませんでした・・。でも・・・この海老・・・知っている・・。凄く、知っている。思い出せない・・。
 初恋の次の女の子のように・・・。

 知り合いの千葉県立博物館のK先生にメールしました。
 「この海老、なんでしたっけ?」

 「pandalus danae です。」と返答が・・・


 ああっ・・・・・あああっ・・・あああっ! ああああああああああっ!

 若き日の私が、この海老に会いたくて 現地にパイプのある人に これで製品を作ってくれないかと
 まで交渉した・・・・あの ダナエちゃんだぁ~~~!!!!!!


 通称:DOCK SHRIMP  

 会社に画像をおいてきたので

 通称:ドッグシュリンプ

 これをクリックして確認してください。 カナダ在住の海老なのです・・。

 ああっ・・・実物に会いたかった・・・・。クレームしてきた得意先に電話したら・・。
 適当に売っちゃったよ・・・・との事・・。戻せない?と聞いたら・・・すでに末端まで流れてしまったとのこと。

 問い合わせた 千葉博物館のK先生によると、タラバエビの分類系列を見直す上で重要な魚種とのこと
 この海老の標本をわざわざスミソニアン博物館から借りたくらいですとのこと。


 燃えました! 該当ロットを輸入してきたインポーターに頼んで、売った先にこの海老がないか
 調べるように命じました(完全、上から目線)
 
 インポーター氏・・手持ち在庫を調べてくれたら・・・他にも danae がまじった製品がありました。

 わたし・・・実物を見て・・食べてみたかったのですが・・・K先生に直接、送付してくれるよう依頼しました・・。

 若き頃の木枯らし・・・カナダの水産庁にあたるところの資料のスケッチを見て、この海老に会いたいなぁ・・
 と思っていたのです。今のようにネットが、こんなに充実していない時代の話です・・。


 ああっ・・・・また、カナダのバンクーバーにでも行って、ビクトリア島観光とカナダの海鮮中華料理でも
 やりたくなりました・・・。

 先日、半偶然にも 金沢で 私に食べきれないほどカナダの中華料理をおごってくれたバンクーバーの会社の
 社長に出会ったのです・・・奥様も一緒で・・・・

 二人とも あれから20年近く経つのに私を覚えてくれて・・・・ちょっと・・・涙ぐみましたっけ・・・。
 世界は・・・意外に・・・せまい・・のです・・っ。
 
by simarisu10 | 2013-06-01 17:02 | 平社員営業フロア
<< そういえば・・・ 甘えびなのですっ 最終回 >>