甘えびなのですっ 最終回
a0019545_19113032.jpg



 ピナ課長とピコ係鳥 だ~いぶ 仲良くなってきました・・。


 ピコ係鳥すみませんねぇ・・・・文鳥ナイン社の中でピナ課長は、歴代のよわっちぃ文鳥様なのです・・。

 こんなとき・・・ジュン部長がいれば・・・・なんて思ってしまいます・・・。

 ナイン社を統括できる 部長様をスカウトすべく・・・努力をしているのですが・・・

 とんでもなく良い頭脳を持つ 初代チュン部長、 人柄と統率力のジュン部長・・・
  
 握り文鳥のネル次長・・・

 それが当たり前だった 当社ですが・・・いままでの人材ならぬ 鳥材の良さを思い知らされています。


 部長候補は・・・いないわけではないのですが・・・。

 ピナ課長も一日中・・・巣にこもりきりになりました・・・。どうも、ジュン部長がいなくなってから・・
 かな~り、様子がおかしいのです・・・。


 さて・・・海老が、はいってこなくなっている日本。 これに対応するべく、日々、奮闘している
 平社員です。

 福井の甘えびが、ペイラインにのるという データーがとれたため、すぐさま、福井に何度も通い
 これを凍結したり、生鮮状態で遠隔地にも出荷できるよう活動しているのです。

 毎日のように・・・・問題が、発生しますが・・・それでも・・・日々、人と接し、説き伏せたり、お願いしたり
 たきつけたり、質問したり・・・して、なんとか夢の実現にむけて動いています。

 国産あまえびの 基礎データー取りは、まだまだ続きます。というのは、漁場や魚群、漁獲した船に
 よって 大幅にデーターが異なります。

 船が漁場を変えると言うごとにごとに データーが必要になります・・・。

 また、国産の甘えびを既存のルートを なるべく邪魔しないようにして 買い付けなくてはいけません。
 いっぱい、買っちゃうと いままでそれを買って生計をたててた人の生活を壊してしまいますし・・・。

 となると・・・・・これを全国規模でやらないと 海外から輸入していた 冷凍甘えびの穴埋めに
 ならないわけか・・・いや、むしろ全国規模でやっても足りない・・・。


 そんなに・・・甘えびって・・・日本人にとって重要な食材なんだろうか・・・。

 まぁ・・・いいや・・・なんか、いつのまにか・・・こんな道に足をつっこんで人生あるいているんだし・・。

 きっと、天命ってやつなんだろうな・・。

 出来るところまでやってみるか・・・・。 なんか・・・これが、私の赤海老屋の仕事として最後の仕事に
 なりそうな・・・そんな予感が ひしひしとします。 それだけ、先の見えない、困難な仕事。

 いままで・・身に着けてきた、知識、経験、能力・・・・ああっ!もっと勉強し、もっともっと研究しておく
 べきでした・・。
 
 日本が頼りにしている ロシア産の甘えびは、資源枯渇の兆候があります。グリーンランドやカナダ産は
 最大の天敵、人間から身を守るため、小型化してしまい。商業ベースにのりにくくなってきました。

 となると・・・いよいよ・・・あの秘密兵器の使用も考えなければいけません・・。

 でも・・・それは・・・・まだまだ、公開できない・・・極秘プロジェクトだったりもするのです・・。
  
by simarisu10 | 2013-05-31 19:44 | 平社員営業フロア
<< pandlus danae ... 甘えびなのですっ 第5回 >>