甘えびなのですっ 第4回
a0019545_15402764.jpg



  ピナ課長・・・顔が怖いです・・・・。

  すみません・・・・高血圧で すい臓もやられていて・・・尿酸値も高いのに 相変わらず、お酒してますもんね。

  本当なら・・・飲んじゃだめなんですものね・・・。

  タバコは、やめれても・・お酒だけは・・・。それに量も 以前の日本酒、一日、1升に比べると
  缶チューハイ、1本か2本ですし・・。


  さて・・・・あまえびのお話の続きです。

  金沢の甘えびが 使い物にならないと判明した時点で、考えたのは、福井のあまえびなのです・・・。
  とは・・・いうものの・・・案がたちません。


  そこで、私がブルドック物産と呼んでいる、福井の問屋の社長に電話して、遊びにいったのです。
  ブルドッグ物産の社長は、私より、はるかに年上なのですが、一度、かなりの口げんかをしてから 
  仲良くなり、ため口で話しているのです。

  本音を言いやすいのです。おたがい、麺類が好きなので・・・昼食は、ソバとラーメンを食べに行きます。
 
  えっと・・・ソバかラーメンかではなく・・・ソバとラーメンを食べに行くのです。

  福井は、金沢と違い、麺の文化が発達しており、そば屋にいくとラーメンもあるのです。そして・・・
  意外にもラーメンが、美味しいのです。そして、一人前の量が、少なめなので、ラーメンとソバを  
  同時に楽しめるのです。

  蕎麦屋のカレーが 美味しいというのと同じ理屈で 蕎麦屋のラーメンは、美味しいのです。

  さて・・・ブルドック物産の社長は、大の福井びいき。 なにかにつけて、石川の魚やカニは、駄目で
  福井のカニや魚は、凄くいい、なんで石川の魚は、あんなに駄目なんだとのたまいます。

  いつもラーメンとソバをおごらせてやっているので(→完全、上から目線) ふんふんと話を
  聞いてやります・・・。

  と・・・ところがですよ・・・。なにかひかかって・・・・。私の頭脳が、話の矛盾に気づき始めます。
  
  「で・・・・甘えびは、どうなのよ・・」

  「金沢のは、だめだ。サイズの誤魔化しがひどくてよ~。下に小さいの上に大きいのを置きやがる。
  客のところに配達にいったら・・・金沢産だと眉をしかめやがる。下の方から、使いもんにならないのが、
  いっぱいでてくるからな。」

  「で・・・福井は?」

  「いいか、福井県人は、金沢みたいに ”こすい”ことしないんだ、小細工なしの一本勝負よ。
  県民性が違うんだよ、県民性が~」

  「ほう、社長・・・・じゃ、それを確かめさせてくれ、 今週、ちと忙しいから、土曜日、もう一回来る。
  で、下の加工場を貸してくれ。それまで、福井のあまえびを 一箱、用意してくれ。
  なぁ~に 俺、一人でやるから、ほっとておいてくれて構わない。いい?」

  「おう、わかった。一箱、用意してやる。 で・・・いいんだな?」
 
  「うん・・・それでいいよ・・・」

  
  で・・・・福井の甘えびを検品することに・・・・    (続く)
by simarisu10 | 2013-05-27 16:03 | 平社員営業フロア
<< 甘えびなのですっ 第5回 甘えびなのですっ 第3回 >>