クレームこそが・・・
a0019545_21313448.jpg


部長・・・それは「ヒメダラ」の干し物です。お~~~ガツガツ食べています・・。

部長・・・好物がまた増えましたね・・。うーん、それ・・美味しいですよ。

固いヒメダラの干し物は、なかなか噛み切れなくて、木枯らしも噛み切る間に
ヨダレが出てきてたまらなかったです・・・。

以前、このブログで取り上げた「ポン鱈」以上の大ヒットの羊羹(ようかん)です。(予感です)

さてさて、この間・・・クレームがあったのです・・・



かかってきた電話はこうです。「お~い、木枯らし~~客が解凍後のボタンエビが黒変すると
いっているんだが・・」

「あ~、きっと、解凍後、数時間後に黒変がはじまるっていうんでしょ?
きっと、ガラスショーケースなんかに海老を入れている寿司屋さんでしょ?」

「お~、そうだ、でっ?どうすりゃいいんだ?」

「そうですね、SO2系の酸化防止剤、ビタミンE、はたまた窒素封入するか・・・ちょっと
実際的な手はないですね・・・」

という下りでした・・・。

その日の同日、私の勤める会社の社員が・・・他から海老のクレームを受けているらしく

「冷凍やけ?いや~~それと黒変は関係ないですよ。黒変は酸化現象ですが、冷凍やけ
は乾燥ですから・・・」と受け答えしていました。

本当は乾燥と酸化は密接な関係にあるんです・・と言おうとおもったけど・・・面倒くさいので
ほっておきました・・・。

その夜・・・・シャワーを浴びていたのですが・・・洗髪している時、瞬間的にこの二つの場面が
重なり・・・・・・そして・・・閃いたのです・・・。

なぁ~んだ・・・・・俺は・・・すでに答えを知っていたのに・・・気付かなかっただけだったのか・・と。

そうです、海老の劣化が酸化から起こるのなら、よ~するに海老を酸素に触れさせなければ
いいのです。窒素などというもったいぶったものを使わなくても・・・・酸素を消滅させる
手がありました。

というか・・・その方法をなんの気なしに今まで口にしていたのですが・・・。

よーするに脱酸素剤、もしくは脱酸素システムを用いれば、海老の黒変、白濁が防げるの
ではないか・・・・。

ということで、近日中に早速、実験に取りかかる 洋館です。(予感です。)
by simarisu10 | 2005-03-18 22:00 | 海老の倉庫
<< 春の海老祭り 海老マラソン(後半) >>