それ行け、海老マラソン(前編)

a0019545_22254798.jpg

部長・・・・まだ・・・やるのですか・・・平社員は、そろそろ・・ギトギトのものが食べたくなりました。

少し前までは、食品に含まれる○○が、身体の××に効くなどとの宣伝を・・・・
そんなちょっとの量や一時的な食事で効くはずないじゃないか・・・・と思ってました。

しかし、最近、栄養学を勉強するにつれ・・・・う~ん・・と一概には可能性を否定できなく
なってきたことも事実です。

微量栄養素というものがあるのですが(カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウムなどが代表)
これらは文字どうり微量で効果を発揮するのです。というか、効果を発現させるのに微量しか
いらないわけです。中にはモリブデン(金属の一種)、クロム、コバルト、マンガンなんてものも
あります。

ということは・・・海老を食べると・・・何々に良いなどとあるある大辞典 海老編 参照言われているのですが・・・。

よしっ!これは海老に含まれるアスタキサンチンやタウリンの効果を体感するために
我が身を使った人体実験あるのみです。

ということで海老を食べ続けて2週間・・・。食べます、食べます。今まで作ったの料理の一部を
紹介ですっ。

a0019545_22265063.jpg


これは海老チリの李綿記ブランドです。  とにかく辛かった・・。本場の海老チリはひどく
辛いと聞いた事がありますが・・・なるほど、本場の海老チリはこんな味かもしれません。
しかし・・・これなら、日本風の方が良いような・・・。でも、本場風?の海老チリを格安で
食べれるという点は評価しますっ。

a0019545_2272659.jpg


これは海老入り野菜炒め、明太子ソース和えです。見た目より手間がかかっています。
明太子ソースはマヨネーズ、明太子、タマネギ、アサツキ他調味料で作っています。
テレビで見て試してみたのですが・・このソースは、なかなか秀悦。
赤ピーマンにはビタミンCが多く含まれており、海老のアスタキサンチンとの
相乗作用を狙いました。

ちなみにビタミンCは多量にとることにより、身体の機能を修復する薬理作用がありますが
一度に大量にとっても一定量をこえると尿中に排出されます。何回か分けてとりませう。

と・・・いうことで海老マラソン前編を終了です。

by simarisu10 | 2005-03-16 22:12 | 海老の倉庫
<< 海老マラソン(後半) バナナ海老 >>