海老チリ再び・・・・・
a0019545_2033373.jpg


あっ、部長・・・これが今回の使用する調味料ですっ・・。はい・・検閲・・終わりましたでしょう
か・・?


いかにして海老を拡販してゆくか・・・・。とうとう、海老そのものだけでなく、調味料との
組み合わせを試行錯誤しはじめた木枯らしです。

このブログ始まって以来、木枯らし管理人が一番熱心に研究を重ねているのが
「海老チリ」であります。度重なる、料理経験の結果・・・たまにはお店でだしても
恥ずかしくないものを作れるようになりました・・・。人間、執着すると恐ろしいものです・・。

さて、日々、スーパーをまわっているうちに・・・変なことを考えはじめた木枯らしです。
スーパーはいろんな店があれど・・・海老フライを除くと海老を使用している惣菜は
海老サラダと海老チリの2点に絞られてきます。特に海老チリは圧倒的な人気を
誇り、中華惣菜コーナーにはイメージ画像として海老チリの写真が飾っているもの
です。

さて、この海老サラダの海老の美しさと海老チリの美味しさを併せ持つ惣菜を考えれ
ないかと・・・・電車の中で考えた結果・・・・。

「海老チリソースをかけた冷製サラダ」を思いつきました・・・。(なんて安易だ・・・・)

しかし、サラダにかけるチリソースくらい誰かが先に考えているはず・・・ということで
早速、スーパーに飛び込んで探してみると・・・・・やはりありました・・・。

ケチャップのコーナーにカゴメ社のチリソースが・・・。ううっ・・・。昨晩、海老チリでしたが
今夜も海老チリに決定です・・。別なスーパーで見つけた、ひたすらに高い、かの有名な
横浜中華街「聘珍樓 」の海老チリソースも一緒に料理です。
a0019545_20475138.jpg


まずは、カゴメ社のチリソース・・・ケチャップがベースですね・・。海老の食感を確実に
生かす代物ですが・・・いわゆる「海老チリ」の味には遠いものです・・・。海老よりか
生カキにあいそうです・・。少し味わったところ・・・・特徴のない味にも思えるのですが
ケチャップの裏側に・・・強力な辛味が隠れています・・・。もの足りなさを感じ、この
ソースで海老をあえてみたところ・・・・汗だくな事になっちゃったのは・・・内緒です。(笑)

a0019545_20514166.jpg


これ・・・㈱聘珍樓 さまが作ってらっしゃる・・家庭用エビチリソースです。こちらは
加熱用です。結構、高い割りには内容量は、やや少なめ・・・・。私の売っている海老
チリソースの美味しさに勝てるかな・・・ふっふっふっ・・・・・。

さて、食べてみませう・・。おや・・・意外にいけるではないですか・・・。そつがない味付け
ながらも、美味しさの裏側に しっかり辛味がついています。内容量は少なめながら
辛目な味付けなので・・・これ以上、内容量を多くすると、ヒーヒー辛いだけのソースに
なるかもしれません・・・。なるほど、なるほど・・・木枯らしは・・・・結構、気に入りましたが
ニチロのタン先生の作った海老チリソースの味を越えるまでにはいきませんでした・・・。
木枯らしも、ニチロの高級海老チリのソースだけには脱帽なのです・・・。

うーん。かける海老チリソースの案は良かったとおもったのですが・・・やはり、加熱
調理したエビチリにはかないませんなぁ・・・・などと食べていたのですが・・・。

よしっ!試しにこの海老チリに先程のカゴメチリソースをかけて食べてみませう・・・。

おや・・・おや・・・おや・・・?結構、いけるではないですか・・・・。なんかヒントがありそう
ですね・・・。

途端に想い出したのが香水の話・・・。どんなに良い臭いの良い香水でも濃度を変えてしまう
と ひどい臭いになってしまう・・という、お話です。いわゆるジャコウが良い例で、原料状態
のジャコウはとても臭いのですが・・・これを希釈することにより、男性を強くひきつける
神秘的な臭いになるというお話です・・。

このカゴメのチリソースと聘珍樓の海老チリソースでは、あきらかに味の濃度が違います。
カゴメ社はケチャップメーカーだけにケチャップをベースにしているので、どうしても味が
濃いのです。これがいろんな味のケチャップの味の中に隠れているのです。
対して聘珍樓社のソースは冷製は考えていないので味付けが薄いのです。しかし。だから
こそ色んな味が持ち上がって美味しくなっています・・・。この二つを混ぜ合わせて冷製で
食べるとちょうどいい味になるということは・・・・・。

うーん、チュン部長・・・・私はこんなことばかりやってていいのでしょうか・・・・。



by simarisu10 | 2005-02-01 21:08 | 海老の倉庫
<< まことにすみませぬ・・・ 和風エビチリ >>