トラックバックです。
食べ残せ!




このブログ始まって以来、はじめてのトラックバックになります・・。

勝手にリンクさせてもらっている「ごめんね、サンスベリア」からよりです。

現在の食に対しては・・・相当な洞察力のあるご意見おそれいります・・。

食に携わっている物ととして驚くばかりのご意見です。

量販店への販売ルートを探るため、主婦顔負けの頻度と熱心さで量販に通う
木枯らしでありますが。もちろん、見るだけでなく、しっかりお買い物をいたします。
そのなかでいろんな事を思うわけですが・・・。

① なんで・・・こんな安いだけの粗悪品をかうのだぁ~~。こんなのを買っちゃだめだっ。
   美麗なパッケージだけで中身は食品というか、うちのチュン部長でも食べない
   餌以下のものが多く存在します・・・。美麗なパッケージ、安値、スーパーの知名度
   に騙されて?恐ろしくまずいものを納得しながら食べている習慣の恐ろしさ・・。
   もし、これがスーパーで売っているのでなく、商店街でパッケージを剥がして売って
   いたなら、間違いなくその店は購買者の不平不満をかい、店じまいしているでしょう。
   人間は食品のパッケージを食べるのではないですから・・・キレイさに騙されず
   怪しい商品は裏面も読みましょう・・・。

②  こだわりの品物があるじゃないか・・・・。量販店でも「こだわりの商品」は並べている
   のです・・。少し、高いだけで・・。でも・・・それは昔ほどではなく、価格差はわずかです。
    最近はこだわりの商品でも高ければ売れないことがわかっているので、そこそこ
    リーズナブルな価格になってきているのですが・・・・。それでもそれらの商品は
    通常の製品に比べて売れ行きは非常に悪いのです・・・。たぶん、買おうともして
    いないはずです・・・。せっかく、従来の商品のひどさに気付いてこだわりを
    もって製品を作っているメーカーがあるのに・・・・。しばしば、こだわりのある
    製品は売れ行きの悪さから製造中止になることがあります。
   
    良い製品は必ずしも売れるわけではありません。知られなくして消えて行った
    製品もたくさんあるのだとおもいます。

③  実をいうと食品業界はまだまだひどい・・・。あまり言えませんが・・・。
    まだまだ購買者をないがしろにしている面がたくさんあります。
    しかし、それは購買者も悪いのです。ただ、美麗なパッケージ、不自然な
    発色の商品を安値で求めるだけの風習。
    アミノ酸系調味料にどぶ漬けされた舌は本物の味に物足りなさを感じ、
    自ら進んで人口調味料を求め、不自然な美味しさについつい食べ過ぎる。
    または品質改良剤の名のもとに、都合のよいように変質させられた食感を
    基準とし本物の食感を悪い物とする・・・。

    例を上げればキリがありません。売る方、買う方のどちらもが現状を
    認識し改革していく必要があるのです。


チュン部長でも食べる食品、食べない食品があります。売っているものを選んで買っているよ
うで・・・本当は受動的に量販店やメーカーに食べさせられている現状を認識しないと次の
一歩が踏み出せないような・・そんな気がします。お金は確かに「おいしさ」と連動する
大切な要素でありますが・・・安さだけで食品を選ぶ、見た目だけで食品を選ぶのでは
なく、本当に動物としての視点から食品を選択していく行為がたいせつなのではないかと
おもうのです。

あまりにも日本人は自然界の非常な摂理から守られているため、個体として取り巻く環境
から身を守る術を失いつつあるのではないか・・・などというと・・誇大妄想かと
お叱りをうけるのでしょうか・・?
by simarisu10 | 2005-01-31 07:53 | 平社員営業フロア
<< 和風エビチリ コシオリエビ >>