市販のムキエビ
a0019545_18532118.jpg


部長・・・・やはり海老を売るもの、視点を一般の購買者に合わせねば・・・・プロの考えでは
よく、まとはずれになりがちです。

ということで、最寄りのスーパーに行って・・明らかにまずそうな冷凍むき海老を買って
きました・・。

さて・・・さっそく、炒めてみましょう・・・・。おおおっ・・・・・やはり予想とうり・・・・。

最近のむき海老は重量を増量しプリプリ感を増すために、いわゆる保水剤という薬品を
用いて海老の細胞の中の含水量をあげます。こうすると、重量も増え、解凍したときに
気味悪いくらいつやつやで表面がピーンと張るのです。海老の色素にも反応し
暗い色素が明るいオレンジ色に変化するのも特徴です。

でも・・・海老の味が・・・なくなっちゃうんでうすよね・・。

この海老・・炒めると・・・凄い水分を吐き出し・・・みるみるうちに小さくなっていきます。

冷凍時に この保水剤えびに 氷で囲んでしまうので、より増量、より大きくなっていますので
フライパンの上でみるみる縮んでいくさまは・・・まるで魔法をみているようです・・。

うーん、保水剤をかましてあるので、身の色が加熱してもかわりにくく、表皮も元から赤いため
ちょうどいい加熱のタイミングがはかれませんね・・・。

まっ、こんなものだろうというところで海老を取り出し、口に放り込みます・・・。

うーん・・・まずい・・・。というか・・・悔しくなってきました。

せっかく金出して買ったのに・・・縮むだけ縮んで・・味はこれかよ~~~(泣)

よしっ!これを美味しくしてやるっ!こんな邪道の海老にはアミノ酸系調味料がいっぱい
はいった塩コショウだっ・・・本物の塩コショウでは手に負えません・・・・。

と作ってみたのが上の写真です・・・。

どれどれ・・・・ほほう・・結構いけるじゃないですか・・・・。

これを海老だと思わなければ、さほど腹もたちません。生臭いのは、海老はちょこっと
生臭いものだと思えば・・納得しちゃいますね。

でも・・・これを海老の味だと思って育った世代には・・・本物の海老の味が・・・・
逆に美味しくないのかな・・・・ギモンだ・・。
by simarisu10 | 2005-01-25 19:27 | 海老の倉庫
<< シングルモルトウィスキー 部長と裸のお付き合い >>