桜海老
a0019545_204472.jpg


本日・・・ビールが切れていたので・・・日本酒で夕飯を食べていたら・・・・・
酔っぱらってしまいますた・・・・

このため、海老せん最終話の予定(←おもしろくないし)を変更して「桜海老」に
                                      (↑明らかに手抜きっ!)

これ、台湾の桜海老です。近年、駿河湾の桜海老は激減して、相場が高騰しています。

桜海老は日本特産のものと思われがちですが・・・実をいうと台湾にもいます。

また、日本でも駿河湾だけでなく富山湾などにもいるそうです。(商業ベースにならない)

駿河湾の桜海老は、ある日たまたま、漁師がいつもより、深く網を降ろしたところ
この海老が大量に漁獲されたため、漁がはじまったという海老です。
以前、ここで紹介した白海老は江戸時代からの歴史がありますが、この桜海老に関しては
まだ、歴史の浅いものといえましょう。

桜えびの釜揚げが有名ですが、木枯らしはポン酢にかけて頂きます。
これ、あまり関西じゃ・・・知名度がないんですね・・・。(ちなみに大阪在住)

大阪でお好み焼きに入れる桜海老は大抵、アミ海老で桜海老であることは少ないです。

ちなみにアミ海老とサクラ海老はよく似ていますが(実際には全然似てない)全くの
別種です・・・。共通点は小さいだけ?かな?

このサクラ海老は資源保護の為に漁師さん達が申し合わせて、出漁する船を独特な
方式で制限して、取りすぎないようにしていたのですが(要は一日の漁獲量を仲間うちで
一定以内にする)やはり・・乱獲のため、とれないようになってきました・・・・。

関西では味わえないのですが、桜えびのフレッシュ(鮮魚)が関東地方では手に入れること
が出来るのですが・・・・・とても美味しいです。


さてさて・・・話、変わって、昨日買った「電車男」面白くて、一気に読み上げてしまいました。

本を買わなくても読めるスレがありますので、埋め込んでおきますね。

電車男

おすすめですっ!
by simarisu10 | 2005-01-20 20:21 | 海老の倉庫
<< えびせんの話  ④ 海老せんの話・・・その③ >>