海老とフッ素
a0019545_2393112.jpg


大地や海・・・いろんなところにフッ素は存在する。フッ素は虫歯予防として有名な物質
である。フッ素は初期虫歯を修復し、歯垢の原因になる唾液中の細菌や酵素の働きを
阻害する。また、正しく、骨を生育させる働きもある。

さて・・このフッ素・・・・大地や海水中にも多量に含まれる。天然物質である。
通常、私たちが摂取する食べ物にも、このフッ素は多く含まれてりる・・・。

ppmで表示した場合、ミカンは0.1ppm以下、野菜の中でも多く含まれる大根が
0.7~1.1ppm。塩は25ppmのフッ素を含んでいる・・・。
多くの食品が1ppm以下のフッ素しか含んでいない・・・。

海老はどうであろう・・・・・・。なんと・・4.5ppmである。食品?の中でダントツの含有量の
食塩を除くと海老に含まれる重量あたりのフッ素含有量は食塩をのぞくと・・それでもダントツ
に高い・・。

みかんの45倍もの含有量である。しかし・・・海老の重量の45倍の重さのミカンを食べる事は難しいが、
ダイコンなら4~5倍程度・・・これなら・・・おでんにすれば十分食える!

まっ・・フッ素を多く摂取したい場合は、海老はきわめて有効な手段であるのだが・・・。

普通・・・そういうことは・・・・しないよな・・・・。ふぅ・・
by simarisu10 | 2004-12-03 23:07 | 平社員営業フロア
<< 散歩 局ネタ・・・・テレビ局が驚いた... >>