アルゼンチン 湖海老
a0019545_8195734.jpg


本邦初公開?
これはアルゼンチンの汽水域にいる小エビで学名も不明。和名も当然ないとおもいます。

小エビは概して美味しいのが特徴。この海老も美味しいらしいので・・・輸入を試みたの
ですが・・・。

買いつけにいくと足元を見られて高い値段を吹っ掛けられて断念しました。

こういう小エビ類は美味しいこともさながら、安いこともアピール度になっており高い値段は
つかないものです。

木枯らし自身、小さいから安い、小エビだから安いという一般概念のほうが間違っている
とは思うのです。

小さいから大量に漁獲される・・・の勝手な概念の上で イコール安いが自動的に答えとして
出てくる・・・・。この既存の概念がある限り、いかに美味しくとも商売が成立しないのが
現況です。

オランダでボイルムキにして食される海老があります。甘味が強く、大変美味しく、オランダで
はポピュラーな海老なのですが・・。オランダ国内でも、そこそこな値段がつきます。
日本にもってきても、これは評価されないだろうとやはり断念。

世界の海老を日本で販売する身ながら、いろんな海老を持ってきたいとはおもうのですが
利益が出ない海老は商品になりませんしね・・。
by simarisu10 | 2004-10-09 08:54 | 海老資料室
<< 加賀麩 ニチロマザーブランド 海老チリ >>