メンソーレ
昨日は大阪北新地の沖縄居酒屋「メンソーレ」にいってきました。

なにげなくふらりと入った居酒屋なので、特にカメラを構えることなく飲んでしまったため
画像は無しです(笑い)

沖縄料理の話は聞いていたけれど、あまり経験のなかった木枯らし。出る料理、出る料理に
びっくりしていました。

最初に頼んだのは「シマラッキョ」・・・・。う~ん!うまいっ!

らっきょう というより 本州に自生する ノビル(雑草の一種 食用になる)に似ている。
さわやかならっきょう臭のなかにも微妙な味わいがあり、まず感動。

次は「ソーキ」 これは豚の肋肉を煮込んだものである。これがまた美味い。脂肪がたっぷり
ついているのに全然、油こさを感じない。作り方は塊になった肉をこれでもかとにこんで
カス、クズまでにくたくたボロボロにしたのがこの料理とのこと。

続いてたのんだのは「ラフティ」であるが、これは前述のソーキのバラ肉版である。
しかし、これも ソーキとはちがった味わいがあり絶賛ものである。

他にも豚耳の酢の物なども頼むが・・なんと新鮮なあじわいであること。

これはビールよりか日本酒と踏んだ私たちは、これらをケチケチ食べながら、
つまむシマラッキョの美味しいこと・。

当然、〆はソーキソバ・・・。うーん、いいなぁ・・・。

一緒に飲んでた相方は「いや~木枯らしさん、美味しい、美味しいと感動していますが
これを毎日のように食べている沖縄にいけば、単なる普通の料理になって感動が
なくなっちゃいますよ。それに本当に美味しい沖縄料理は、こんな店のメニューに
載ってないような、沖縄の本当の家庭料理です・・・。山羊とか・・・いですよ~。」

なに、なにっ、そうなのか・・これより美味しい料理があるのか・・・うん、夢が膨らむ
メンソーレっ。

さてさて、御会計のほうは・・・・さすがに北新地・・・いいお値段でした。

料理を味わうときは自腹で食べろとの 料理人の指導にもとづき、もちろん自腹です。

う~ん、結構高いが、今回は満足じゃ~。うん、また行こう・・・・。
by simarisu10 | 2004-09-29 12:57 | 平社員営業フロア
<< カエリチリメン トラエビ >>