クーンストライプ
a0019545_7181964.jpg


これはカナダ、アラスカに生息する「クーンストライプ海老」です。英語でクーンはアライグマ。
つまりアライグマ模様の海老になります。

この海老、日本近海に生息する「トヤマ海老」と非常に良く似ています。木枯らしの個人的
な見解ではトヤマ海老の亜種ではないかと考えているのですが。

おもな違いは尾部に薄い縦縞が入っています。それから、全体的に色目が
赤茶または焦げ茶系です。しかし、日本のトヤマ海老とほとんど一緒に見えるものも
あります。

一般のスポットシュリンプ「カナダボタン海老」に比べると漁獲量は少なく、
混獲される水域も一部に限られます。

食性もスポットシュリンプが雑食なのに対し、クーンは肉食性?といわれています。(木枯らし
の和訳違いかも・・)

食味もクーンの方が美味しいのですが、馴染みのない海老なのであまり理解してもらえま
せん(笑)

現地のカナダ人からは産卵のため遡上した鮭の大量の死骸をたべているので
このクーンは美味しいのだときかされたことも・・(なんて贅沢な・・)
だから、河口付近では結構な量のクーンが漁獲されるそうです。
by simarisu10 | 2004-09-21 08:22 | 海老資料室
<< 海老ドレッシング考 ガンバ・・・ >>